在宅介護には問題点が沢山!在宅介護の問題を知っておこう

在宅介護には問題点が沢山!在宅介護の問題を知っておこう

両親が年老いた後、介護が必要となることは少なくありません。 実際に介護と向き合う現実を目の当たりにすると、意外と考えなければならない問題点が出てくるもの。 もし在宅にて介護する事になった時、どういった問題点が出てくるのか、今後の為にも知っておく必要があります。

1.介護に必要な物を準備する必要がある

介護の必要な程度にもよりますが、在宅での介護の場合、介護に必要な物は全て自分たちで用意する必要があります。 起き上がれない人の介護の場合には、電動のベッドが必要であったり、移動の際に歩けない人の場合には車いすなども必須となります。 これらの介護に必要な用品は、意外と安価な品物ではない為、初めの準備に相当な金額を要することが考えられます。 自ずと自分の貯金を崩したり、生活費を削ったりと、節約生活を強いられることもあるのです。 介護に必要なものはそれぞれの家庭において異なる為、その都度必要なものを随時補充していく形になります。 そうなると、やはり毎月の出費が増えることにもなるでしょう。 介護にあたる人が既に退職している場合には、お金の面でのやりくりに苦労することも考えれます。 最近では、高額な介護用品においてのレンタルもあり、こうしたサービスを上手く使うことによって、購入しなくても済むケースもあります。 事前にレンタル出来るものをチェックして、購入となるものが必要最低限で済むように手配すると、生活に支障をきたすことが少なくなります。

2.自分の時間が取れなくなる

介護にあたる人は、その人のお世話や食事の用意、また食事をする際にも補助が必要だったりするため、ほぼ自分の時間がなくなります。 外出するにも、その間に何かあってはならないため、もし外出しても気がかりになってしまい、息抜きも出来ないことでしょう。 在宅介護で介護にあたる人が一人であると、自分の自由となる時間が持てず、ストレスが溜まってしまうようになります。 解消できずに介護にあたっていると、介護自体がストレスになってしまい、双方に良いことがないのです。 息抜きや自由な期間を満喫するためには、その間ヘルパーさんに来てもらったり、他の家族の手助けが必須となります。 全ての介護を一人で背負ってしまうことによって、介護を必要としている人に対して、恨みなどといった気持ちが生まれてしまう可能性もあるのです。 そうなってしまうと、せっかく安らげるはずの在宅介護が、どちらにとっても地獄と化してしまいます。 介護する人は、必ず自分の時間が持てるように手配すべきです。 二人とも追い込まれてしまっては介護の意味がなくなってしまうのです。 出来る限り周りに助けを求めるなどして、一人で背負い込まないように注意が必要です。

3.思っている以上に重労働である

介護と一概に言っても、自分のことが最低限出来る人から、何もすることが出来ないといった重度な人もいることでしょう。 重度の場合、介護は全てにおいて必要となります。 お風呂に入ったり、トイレに行ったりも自分では出来ない為、全てに手を貸さなければなりません。 体を拭く際には体を起こしてあげたり、時にベッドから移動させたりといった作業も出てくるため、相当な体力と力が必要となります。 今現在、介護をしている人の多くも高齢者となってきています。 高齢者が介護にあたることで一番の問題点は、こうした重労働があることです。 身の回りの世話だけで済む場合であれば、多少高齢者でも対応可能ですが、力のいる仕事も必要になってくると、介護する側の負担は大きいもの。 実際に、介護中に腰を痛めてしまったり、膝を悪くしてしまったりというケガも起きているのです。 介護する側がこうしたケガや病気を伴ってしまうと、それ以上介護を続けることが困難になります。 それでも介護を続けるとなると、介護する側の負担が大きすぎて、精神的にも苦痛となってしまうことでしょう。 体力勝負でもある介護は、ある程度の年齢を超えたら、人の手を借りたり、施設の入所も考える必要があるかもしれません。

4.人との関わりが次第に減ってしまうことも

在宅で介護するとなると、ほとんど家で生活をすることになり、外に出る機会や友人らと会う機会も減っていきます。 そうなるとほぼ引き込もり状態になってしまう為、介護しているうちに精神疾患になってしまうという人も多く見られます。 人との会話がなくなり、人とコミュニケーションを取ることがなくなると、自分の話をしたり情報を交換するといった機会がなくなります。 それによって、自分が生きている価値が見出せなくなってしまったり、やる気を失ってしまったりと、自分が病気になってしまうこともあるのです。 実際に多いのは、やはりうつ病です。 うつ病は一度かかってしまうと抜け出すのも困難で、人の介護をするほどの余裕すらなくなるものです。 そうなってしまうと、その後の対策をどのようにすれば良いかという問題点も、自分では考えられなくなってしまいます。 こうした精神疾患を患わないよう、人との関わりを積極的に持つように心掛けることが大切な点でしょう。

在宅介護の問題点を知っておこう

両親が年老いて介護が必要となると、安心できる環境で、そして自分の元で介護したいと思う人も結構多く見られます。 在宅介護での問題点をよく理解し、自分で背負うことが出来るかどうか、一度検討する必要があるでしょう。 介護する側に負担ばかりがかかっては、後に介護が出来なくなってしまいます。 周りの人のサポート、たまに息抜きするために必要なサービス、こうしたことも一緒に考えておくと今後の介護に役立つことでしょう。