遺言書の預け先はどこが良いの?書いた後の保存先について

遺言書の預け先はどこが良いの?書いた後の保存先について

自分に何か起きた時、親族間のトラブルを防いでくれるのが遺言書です。

しかし、大切な遺言をきちんと保管し、いざという時に法的効力を持たせるにはどこへ預けたらよいかが問題です。

そこで、自分が書いた遺言をどこにどう保管するべきかをご紹介します。

金庫

1.公正証書遺言を書き、公証役場に保存してもらう

遺言をきちんと保存するために、最も信頼できるのが公証役場です。

公証役場は、遺言の保存先においては、1番安全な場所であると言えます。

公証役場に保存してもらうには、遺言を自筆遺言や秘密証書遺言ではなく、「公正証書遺言」という形で作成する必要があります。公正証書遺言を作成し、原本を公証役場に保存しておいてもらうのです。

これにより、第三者が遺言を不正に書き換えたり、自分以外の人間に遺言の中身を見られたりするという危険はなくなります。

2.弁護士など、遺言作成の専門家に預ける

遺言は、遺言書の内容に少しでも関わってくる人間に預けるのは危険だと思った方が良いでしょう。金銭関係や各種権利など、利害が絡むことなので、いつトラブルに発展するかわかりません。

そこで、そういったものには一切関係なく、しかも遺言作成に関して熟知している弁護士など、遺言作成の専門家と呼ばれる人に預けることも1つの方法です。

遺言作成の専門家であれば、保存する時だけでなく、遺言を作成する際に色々と相談に乗ってもらうこともできるので安心です。
但し、専門家に依頼する仕事なので、保管料と呼ばれる代金を支払う必要があります。

3.銀行の貸金庫に預ける

遺言書を、銀行の貸金庫に預けるという方法を取る人も少なくありません。銀行の貸金庫なら、セキュリティも万全なので、自宅の中に保管するよりも安全です。又、遺言書と一緒に、相続に関する資料を一緒に貸金庫に預けておくことで、自分の死後、相続人がスムーズに相続のための作業を進められるようになります。

この場合、存続人だけには、貸金庫の鍵の保管場所を教えておくと良いでしょう。そうすれば、自分に何かあった際、「遺言書が見つからない」といったパニックは避けられます。しかし、複数の人間に貸金庫の鍵の保管場所を教えるのは、トラブルの元になるので注意しましょう。

4.信頼できて、利害関係のない知人に預ける

遺言には親族の大部分が関わるため、血縁関係のある人には遺言を預けない方が良いでしょう。むしろ、全くその利害には関係なく、「この人なら」と思って信頼できる知人に預ける方が安全であると言えます。

遺言に直接関わってこない人なら、遺言を書きかえられたりといった事態はありません。親族に預けたり、自宅に保管するより安全な方法です。

しかし、万が一、自分より先に、遺言を預けた先の人が亡くなってしまう場合もあるので、万が一の場合の事後処理を、その人にきちんと指示しておきましょう。そして、相続人には、誰に遺言を預けてあるということをきちんと伝えておく必要があります。

遺言書の預け先は慎重に

遺言をどこへ保管するかで、安全性が全く変わってきてしまいます。

100%信頼できる保管先に預けないと、その後の親族の人生も変わってきてしまうことがあるので、遺言作成者はそのことを念頭に入れて慎重に保管先を選ぶことが大切です。