杖を使って歩く時のコツ。上手に杖で歩こう

杖を使って歩く時のコツ。上手に杖で歩こう

杖を使用する目的は人それぞれ様々です。 老化により足の筋力が低下し、安定した歩行をする為に使用する人や、骨折などの怪我をしてしまい、痛みを軽減させる為に使用する人もいます。 多様な用途がある杖ですが、意外に使用方法の誤りが見られます。 そこで、杖の正しい使用方法と歩く際のコツをご紹介します。

1.正しい杖の持ち方

意外にも杖を持つ手が反対の人が多いケースが見られます。 右足が悪いのにも関わらず、ただ単に右利きだからといって右手に持ってしまうと、全く足の状態が改善することはありません。 さらには杖を持つ手を間違えると、転倒の恐れまで生じてしまいます。 常に悪い足とは逆に持つ意識を持っておきましょう。 次に正しい杖の握り方ですが、意識的には杖の中心に体重が乗るように意識してください。 そして人差し指と中指でしっかりと握りましょう。 野球で例えるなら「フォークボール」を握るように杖を握りましょう。 もう一つの握り方は、人指し指を添える方法です。 どちらの握り方でも大丈夫なので、自分にとって適した握り方でしっかりと握りましょう。

2.杖の適切な長さ

杖は長すぎても短すぎても、自分の体に合った適切な長さで無いと正しい歩行をすることが難しく、逆に転倒の要因にもなってしまいます。 100円均一等で安い杖が売っていますが、同じ杖だからといって安易に選ばないようにしましょう。 適切な長さですが、一般的に「身長×0.5+2~3センチ」の計算で適した長さを決める方法が存在します。 身長155センチの人にこの計算方法に当てはめると、適した杖の長さは79.5センチとなり、およそ80センチの杖を使用すれば良いことになります。 「こんな計算はめんどくさい」と感じる方は、腰骨の下付近から床の長さの杖を使用すれば問題ないと思います。 これらの杖の長さはあくまでも目安です。 実際には杖を使用して歩行を行い、自分が一番歩きやすい杖を選ぶようにしましょう。

3.杖を使った安定した歩き方

もっとも安定した杖を使った歩き方は3点歩行です。 2点歩行という方法もありますが、初めて杖を使うという方には断然3点歩行です。 3点歩行の方法は、以下の通りです。 ①杖を一歩分前につきます。 ②状態が悪い足(麻痺や骨折している足)を杖の真横まで運びます。 ③状態がよい足を、状態が悪い足に揃えます。 この足の運び方が3点歩行です。 3点歩行はとても安全な杖歩行ですが、スピードはとても遅くなります。 2点歩行は、以下の通りです。 ①杖と状態が悪い足を一緒に出します。 ②状態がよい足を、杖と状態が悪い足の横に揃えます。 3点歩行より歩くスピードが上がりますが、慣れていないと転倒の可能性も増えてしまいます。

4.杖を使った歩き方悪路や階段

床に障害物が落ちている場合や溝などをまたぐ場面などは、基本的には状態が悪い方の足を先に出し、状態が良い方の足を後に出します。 しかし状態が悪い足を前に出せないような状況であれば、状態のよい足を前に出す場面も存在します。 階段の場合は、上がる時と下がる時で出す足が違います。 上がる時には杖を先についてから状態が良い足から出し、その次に状態が悪い足を出します。 下がる時にはその逆で、杖を階段に置いて状態が悪い足を先に下し、その後状態の良い足を下します。 また、介助者がいる場合も上がる時と下がる時で違いが見られます。 上がる場面において介助者は斜め後方に位置し、患者の万が一に備えます。 下がる場面においては介助者は先に下りるようにし、患者が前に倒れそうになることを防ぎます。

5.自分に一番適した杖を選ぶ

杖には様々な種類が存在し、怪我の程度や足の筋力によって用途は様々です。 ・T字型杖 最もポピュラーで、一番普及している杖がT字型杖です。 持ち運びも便利で、どこでも使えるのが魅力です。 ・松葉杖 多くは2本一組で使用します。 杖の中でもっとも重さに耐えられる杖で、安定感にも優れています。 骨折などのケースに使用されることがメインで、足の筋力に問題がある場合にも松葉杖を使えば歩行することが可能です。 ・4点杖 T字型杖よりも歩行の安定を求めて作られたのが4点杖です。 握る部分はT字型杖と一緒ですが、足の部分が4本に別れています。 そのため地面に対し接地面積が広く、転倒などの危険が少なく安定しています。 T字型杖の安定性に不安を感じる方にはオススメの杖です。

杖を上手に使って歩こう

様々な杖を使用する上でのコツを紹介しましたが、全てに共通する考えは安全に歩行することです。 歩くという行動は人間にとって、なくてはならない行動。 老化によって足の筋力が落ちてしまったり怪我に遭ってしまった場合でも杖を使って上手に歩いていきましょう。