定年後に新たに友達を作る方法4個

定年後に新たに友達を作る方法4個

定年を迎えると仕事先で仲の良かった方との交流も減ってきてしまいます。 そこで、定年後に新たに友達を作る方法をご紹介します。

1.とにかく外出しよう

朝決まった時間に起きるけど、そこから特にすることもなく家でテレビを見続ける。 こういった方が多いと思いますが、まずは家に引きこもらずに外に出てみましょう。 最初は散歩からでも良いでしょう。 決まった時間に毎日お散歩に出かけていれば、自然と同じ人をを見かけるようになります。 同年代の方もいらっしゃるハズ。 そうすると自然発生的に会話をしだすものです。 まずは人と接する機会を作るわけですね。 そのためにも家に引きこもったままなんて絶対にダメですよ。

2.趣味を見つけましょう

定年後に新たに趣味を見つけて始めてみよう、と思ってもなかなか見つけられませんよね。 例えば在職中に気になったことだとか、若い頃にやってみたいと思ったこととかありませんか? 最近カメラ片手にブラブラする人が増えているように思います。 通りや公園に咲いている花の写真を撮ったり、近くの踏切から電車を撮ったり。 カメラには興味があったけど在職中はそういう機会が無く、退職を機に始めたという人もたくさんおられます。 最初は個人で始められるというのもいいのでしょうね。 そういった意味では釣りなどもいいかも。 やはり共通の趣味があれば話も盛り上がるし、やがて一緒に行動しようとなるものです。 初めから金額的に値の張るものを買う必要もないですよ。 それこそ話ができるようになってから道具選びのアドバイスを求めて一緒に買い物に行く、そう言ったことも十分考えられます。 若い頃にしたかった夢、在職中に関心があったことをこれからの趣味にしてみませんか?

3.スポーツジムへ通う

最近日中のスポーツジムでは中高年の人が本当に多いです。 退職後の体力維持をはかるという目的も当然あるのですが、井戸端会議的なおしゃべりを楽しむ目的の人も少なくないです。 運動の後のお風呂に浸かりながら、またはシャワーを浴びながらの会話を楽しんだり、スポーツジムを後にしたあとのお茶やビールが目的だったり。 中高年の方で初めてスポーツジムの門を叩くのってかなり勇気と決断が必要ですよね。 悠々と体力作りに専念している慣れた人たちの中に、今までスポーツなんてほとんどしてこなかった自分が入れるのだろうか。 やはりそんな中に飛び込んでいくのは恥ずかしいなぁ、と考える人も多いのですが。 でも誰だって最初は初心者だし入ってみればわかるのですが、 インストラクターにあれこれ教えてもらいながら器具を使っていると、 そのスポーツジムでは先輩にあたる人が、ほぼ確実に何だかのレクチャーを始めます。 人って自分が知っていることを他人に教えることで満足を得るもですから。 そう言ったことでも必ず友達になっていきますからね。 スポーツジムに限らずほかの習い事や趣味のサークルなどでも同じことが言えます。

4.仕事を始める

退職したのにまた仕事?でも友達を作るのならば、やはり職場というのは最も大きな力を発揮します。 同じ仕事をしているのだから、それだけで絶対に共通の話題になるのですから最も手っ取り早い。 フルタイムで働く必要はありません。 週に2~3日で十分です。 それに少なからずお金が入るというメリットも。 そのお金を新たに始めた事に回すことが出来れば、それこそ一石二鳥ですから。 いかがでしたか。 やはり外に出るというのが最大のキーワードになります。 家にこもっていても新しいことは何も起きませんから。 若い世代ならパソコンやスマホでSNSの活用と言うことも考えられますが、定年を迎えた世代にネット上だけの仮想の友達作りはオススメできません。 やはり顔を突き合わせてあれこれ話をする、これに尽きると思います。 新しい友達作りの第一歩を歩み出してください。