定年後の生活費はいくら位かかるか。毎月の費用をパターン別に計算

定年後の生活費はいくら位かかるか。毎月の費用をパターン別に計算

定年をひかえた人が気にしないではいられないのが、「定年後、毎月の生活費はどれくらいかかるのか。いくらぐらい確保すれば、生活が成り立つのか」ということでしょう。

支給される年金額が問題になっている日本では、これは大変切実なテーマです。

ここでは、いくつかのケースに分けて、定年後に必要になる生活費についてご紹介します。

定年後の生活費

1.基本的に確保すべき生活費は、夫婦2人暮らしで毎月17~8万円

「夫婦2人でセカンドライフを送るとして、毎月、最低限いくらぐらいかかるか」については、さまざまな試算が存在します。「10万円あればなんとかなる」という説もあれば、「28万円が相場」とする意見もあります。

もちろん、住む場所によってもちがいますし、どんなレベルの生活を考えるのかによっても、大きな違いが出てくるでしょう。

「おおよそ、これくらいあれば、人並みの老後を送れる」という視点から計算すれば、基本的に確保すべき定年後の生活費は、夫婦2人暮らしで、毎月17~8万円ということになります。

内訳は食費に7~9万円、水道・光熱費が2~2.5万円、通信費が1~2万円、医療費0.5万円、健康保険及び各種税金2~3万円、そして最低限の娯楽費と被服費に2~3万円です。一番小さな数字で合計すれば14.5万円、最大値で合計すれば23万円になります。

これでもかなりの幅はありますが、「月17~8万円確保すれば、とりあえずなんとか夫婦で暮らしていける」と考えていいでしょう。

2.少し余裕をもって生活したいなら、基本額プラス6~8万円

前項の基本額は、あくまでも最低限の生活費と考えるべきです。

もう少し余裕をもって生活したいなら、それプラス6万円ほど必要になります。

6万円の内訳は、レジャーや旅行費に2万円、交際費に2万円、リフォームや家電の買い替えに2万円ということになります。

特に注目したいのが、交際費。冠婚葬祭にかかる費用は、年齢と比例します。

つまり、普通に暮らしていると年を取るほど交際費がかさむということ。

ただし、これは個人差の大きな経費であり、考え方ひとつでいかようにも調整できます。

なお、車を所有する場合は、その維持費もかかります。車検や税金、ガソリン代などで、月に2万円ぐらいは想定しておいたほうがいいでしょう。

3.持ち家と賃貸でかかる生活費は大きく異なる

これまで説明してきた生活費は、いずれもローンが完済している持ち家で暮らす場合を前提にしています。

つまり、賃貸物件で定年後のセカンドライフを送るには、上記とは別に家賃がかかってくるわけです。

たとえば10万円の家賃の物件なら、夫婦2人で月に最低でも25万円ぐらいは必要ということになります。

収入源の確保と同時に、家計節約に努める必要も出てくるでしょう。

4 単身者の場合は7掛けで計算

最後にもう1つ、単身者のケースに触れておきます。

定年後単身者の場合は、これまで紹介してきた金額の7掛けで計算するといいでしょう。

半額にならないところが、人間の生活というもの。独り身よりも夫婦2人の生活のほうが、割が良いのです。

定年後の生活をどのようなレベルのものにするかは、貯蓄額や年金額によってちがってきますし、また、人生観にも関わってくるテーマと言っていいでしょう。セカンドライフのプランニングのために、上記を参考に準備をしてみてはいかがでしょうか。