定年後にオススメなバイト3選!もう一度社会に関わろう

定年後にオススメなバイト3選!もう一度社会に関わろう

定年後にアルバイトをするとしたら、どのような職種が良いのか、迷っている方も多いと思います。

現役時代よりも体力などが落ちている、という事情もあり、あまりきついアルバイトを選んでしまうと、後が大変です。
そこで、定年後にオススメなアルバイトを、いくつかご紹介します。

社会

1.警備員

警備員は主に男性メインの仕事ですが、定年後の人達が選んでいるアルバイトの上位にランクインする職種です。

夜に出勤しなくてはならないなどの大変さはありますが、仕事内容はいたって簡単です。建物内の見回りや防犯カメラのチェックなどで、体力的な消耗はあまりありません。又、スピード感を要求される仕事ではないので、気疲れすることも少ないでしょう。

少人数体勢で動くので、「大人数での人間関係が苦手」という人にもオススメです。

但し、「警備」という職種上、何かあった時は、迅速に自分の身を守るということを常に心得ていないと大事になります。

2.お弁当などの配達員

今、お弁当を自宅に配達したりする食品会社が増えています。しかも、需要が高い分野であるため、人手を必要としている職種の1つです。そのため、年齢制限を設けずにアルバイトを募集しているので、定年後にオススメです。

1軒1軒お客様の家に配達して回るのですが、意外と拘束時間はそんなに長くないので、負担なく続けられるアルバイトではないでしょうか。

また家を回って歩くので、ウォーキングも兼ねることができます。日頃の運動不足も、適度に解消することができるアルバイトでもあります。

又、お客様と接する仕事なので、「定年後、家に引きこもりがちになってしまった」という人にもオススメです。良い気分転換になると思います。
ちなみに、給料は出来高制であることが多いようです。

3.コンビニやファーストフードの店員

コンビニやファーストフードのアルバイトはもう、若い人たちだけのものではなくなりました。

今は幅広い年齢層に向けてアルバイト募集を行っており、それに比例して、店員の年齢も幅広いものになっています。

若い人と仕事をする、ということに不安を感じる人も多いかもしれませんが、「若い人と接する」ということがかえって刺激になり、新しい世界を垣間見ることができるようになります。良い気分転換にもあると思います。

コンビニやファーストフードは、「仕事が速くなければいけない」というイメージもありますが、初心者向けのマニュアルに基づいて、誰でもついて行けるように指導してもらえますので、不安を感じる必要はありません。

定年後にアルバイトでもう一度社会と接しよう

最近は、定年後に就くことのできるアルバイトの職種も、大分幅広くなってきたように思います。

定年後、アルバイトという形でもう1度社会と関わり、第二の人生をより豊かなものにしていくのも良いですね。
又、現役時代と違い、プレッシャーも少ない中、新しい仲間との出会いがあるのも、定年後のアルバイトの楽しみの1つではないでしょうか。