相続問題でありがちなトラブルまとめ

相続問題でありがちなトラブルまとめ

「相続」と書いて「争続」と読む。 そういう言葉があるくらい、相続トラブルは数限りなく世の中にあります。 ありえない予想外ならともかく、せめて「ありがちなパターン」の相続トラブルは避けたいものですが、どうすればよいのでしょうか。

1.財産が見つからない

相続トラブルというと、「いざ相続となったら、隠し子がいることがわかった」というパターンを思い出すもの。 ところがそれ以前の問題、「財産が見つからない、相続しようがない」というケースもあるのです。 自分が今、どこにどれくらい預貯金を持っているか。 どこの保険会社と、どんな契約をしているか。 クレジットカードの使い方は? ローンの返済はどれくらい進んでいる? 家計簿くらいならともかく、そういった細々としたことまで、きちんと整理している人は少ないもの。 残された遺族にしてみたら、亡くなった人がどんなお金をどんな風に管理していたか、まったく見当がつかないのです。 仕方がないからとわかる範囲で相続手続きを済ませたら、ずっと後日になってから、ぬか床の中から財布が見つかったり、タンスに通帳が隠してあったり。 脱税とかではなく、お年寄りの中には「銀行などが信じられないから、どこにも現金を預けない」と決めて、家の中に隠したりする人がいるのです。

2.遺言書がない。見つかったけど、使えない。

故人は遺言書を書いたと言っていたが、どこを探しても遺言書が見つからない。 または、故人が遺言書を書いていることを誰も知らなかった、というケースがあります。 遺言書を書くような人には見えないからと、法律どおりに相続手続きを終えてしまった。 その後で遺言書が発見され「故人の意思とはまったく違う相続をしてしまった」と判明することがあるのです。 遺言書の内容や見つかった状況によっては、遺言書が有効とされる可能性も出てきます。 どうやって相続のやり直しをすればいいのだろう、となってしまうのです。 また「遺言書があることはあるのだが、無効なものだった」というケースもあります。 遺言書は自筆でなければいけない、他人が書いてはいけないなど、簡単ですがいくつかのルールがあり、そのルールに該当していない遺言書は無効です。 そうはいっても、故人の意思を書いたものと判れば、なんとかしてあげたくなるもの。 見つけた遺族としては、どうしようとなってしまうのです。

3.被相続人が多すぎる

家族が末広がりにどんどん増えるのは喜ばしいことですが、子だくさんで孫も多い人が亡くなった場合、被相続人が数十人になることがあるそうです。 どんなテーマであれ、数十人の意見が一致するというのは難しいもの。 さらにそれが相続というシビアなテーマとなると、そうそう簡単には話し合いが終わらないということになります。 故人が明確な遺言書を書いて残していれば、それが最優先されますから、ほとんど問題は起こりません。 ところがそうではなかった場合、全員が納得するまで、家族会議をするしかないのです。 全員の意見が一致したかなというところで、誰か一人が違う意見を言い出すので、家族会議がいつまでも終わらない。 そういうケースがあるそうです。

4.相続できるが、分けられない

故人が残した財産は、家と土地。 一つの土地に家が一軒建っている状態で、相続人が複数いる。 こういうケースは実に多いそうです。 相続としては実行可能ですが、土地や家を複数に小分けして持ち帰ることはできません。 それなら土地も家も売ってお金に換えて、公平に分配すれば良いのですが、ちょうど土地が高騰していて売却に有利、ということはほとんどないのです。 長男が土地も家も引き継ぐかわり、次男には、土地や家の半分に相当する金額を渡す。 宅地が一つしかない場合の解決策として、よく提案されるパターンだそうですが、これで兄弟とも納得するかというと、まったくそんなことはない。 長男の住所が遠すぎると、財産として家を相続できても、便利ではないからです。 次男の方でも、土地や家の価格は変動しますから、いまいち納得がいかない、ということになります。

5.そもそも財産ではなかった

故人がたいへんな資産家だと発覚したら、お葬式の最中に「実は私も被相続人ですのです」と称して、隠し子が現れたり、疎遠だった親族がかけつけてきたり。 これらは「被相続人ではないと思っていた人が、被相続人だった」というケースですが、逆に「故人の財産ではなかったことが発覚した」というケースもあります。 故人の土地だと思っていたのに、他人名義の土地、つまり他人の財産だと発覚したり。 遺産の一部として債権を受け取ったつもりが、債務者に返済能力がなく、回収できない債権だったり。 せっかくの相続だからと受け取る前に、「問題のない財産かどうか」確認することも必要です。

相続トラブルを避けるにはエンディングノートなどを活用しよう

ありがちな相続トラブルを防ぐのに有効なのは、お葬式や相続について家族と話し合い、「エンディングノート」を整理することです。 日本は最近まで「お墓や相続の話は縁起が悪い」として避けてきましたが、充分な話し合いで相続時のトラブルを防ぎ、安心して過ごす方が、人生が楽しいのです。