シルバーカーの選び方。自分に合ったシルバーカーを見つけよう

シルバーカーの選び方。自分に合ったシルバーカーを見つけよう

ショッピングカートの様に使え、疲れたら腰掛のように使えて便利な、高齢者に人気の「シルバーカー」ですが、実際に購入する際には、どのような点に気をつけて選べばよいのでしょうか? 一口にシルバーカーといっても種類は豊富にあるので、選ぶときには迷ってしまいますよね。 そこで、シルバーカーの選び方をご紹介します。

1.安全規格で選ぶ

(財)製品安全協会のSG規格では、そもそも自立歩行が可能な高齢者が、外出の際に歩行や荷物の運搬および休息に用いる、車輪が4輪以上の「歩行補助車」と定義付けられています。 つまり、足の不自由な人の歩行を補助するためのものではないのです。 杖代わりになったり、手押し車として体を支えられる安心感から、転倒事故や交通事故などがとても増えてきています。 ですから、構造や寸法、ストッパーの保持力、ブレーキの制動力、強度や耐久性など、様々な項目で安全性が保証された商品を選びましょう。 また万が一、製品のリコールが発覚した場合でも、(財)製品安全協会で正確な情報が公開されます。

2.タイプから選ぶ

シルバーカーには様々な形状のものがあります。 まず、軽量で荷物を入れるバックが小さい「コンパクトタイプ」です。 狭い道での歩行や、バス・電車への持込みが楽にできます。 また、階段を上り下りしたりする際に持ち上げたり、車に積んで運んだり、使用しない時に保管しておくスペースも小さくて済むので、省スペースを気にする方にはオススメです。 コンパクトタイプよりも収納量が多い「ミドルタイプ」は、お買い物に便利です。 手軽に持ち運べ、適度な収納力があり安定性があります。 お散歩とお買い物、両方楽しみたい方にぴったりです。 「ボックスタイプ」は、走行時の安定性が高く、肘掛けがついていてゆったり座れるのが特長です。 多少の悪路でもしっかり走行し、座面部分の袋が広いので収納力もあり、外出中にゆっくり座って休憩がしたい方にオススメです。 買い物がメインで、とにかく荷物がたくさん入るものが欲しいという方には「アルミカータイプ」が良いでしょう。 カゴ全体が収納になり、フレームのみなので濡れたり汚れたりするのを気にせずに使えます。

3.機能から選ぶ

段差が多い場所で押して歩くときに楽な「段差越え機能付き」のものがあります。 前輪のタイヤにある小タイヤが段差を掴み、楽に乗り越えることができます。 一般的な舗装路や屋内で使用するには快適ですが、砂利道などの悪路では、逆に走行性が極めて悪くなるので注意しましょう。 「スピード調整機能付き」の商品もあります。 坂道を歩くときなどに安定して走行できます。 制動オイルダンパー付きで、急な加速に対してタイヤがゆっくりと動き、転倒などの事故を防ぎます。 スーパーでの買い物に便利な「買い物カゴ搭載機能」は、ショッピングカートの様に、座面にカゴを置く事ができ、そのままレジまで運ぶ事ができます。 そして、「保冷バック付き」のシルバーカーも、買い物をした時にとても便利で、冷凍食品など入れて持ち帰ることができます。 また、使う人の身長に合わせて「ハンドルの高さ調整」ができる製品もあります。

4.価格帯で選ぶ

一番安く購入できるのは「コンパクトタイプ」で、1万円しないものもあります。 次に「ミドルタイプ」「ボックスタイプ」と値段が上がっていき、2~3万円で購入でき、付いている機能によっては、3万円以上するものもあります。 「アルミカータイプ」ですと、2万円前後で購入できます。 シルバーカーを購入する前に気をつけていただきたい事があります。 それは、自治体によって、購入に対する助成金が支払われることがあるので、購入費用の上限や、何割の助成金が受けられるかなど、事前にチェックしておく事をオススメします。 お住まいの地域の高齢福祉課や、社会福祉協議会などの窓口で問い合わせしてみてください。

5.メーカーで選ぶ

「象印ベビー」はベビーカーからシルバーカー製造へと成長した会社で、シルバーカー製造では長年の実績があります。 また、1999年にはバックを倒すとシートに変わる「ウィズワン」が、2000年には座面付きで折り畳める「ヘルシーワンキャンシット」でグッドデザイン賞を受賞しています。 「島製作所」は福祉用具の開発、販売をしており、安心・安全をモットーとしていて、製品はSG規格認定のものを扱っています。 「マーチ」「サニーウォーカーシリーズ」が人気です。 「コンビウェルネス」はコナミグループの会社で、介護予防機器や介護用品ヘルスケア用品を取り扱っています。 段差越え機能のある「キャリースルーン」「キャリースルーンXL」「スルーンボックス」などが人気です。 「幸和製作所」は生活全般にかかわる福祉用具の製作、販売を行っています。 中でも「テイコブ」ブランドは運ぶ事に重点をおいた製品が多く、多目的に使用できるのが特徴です。 メーカーを見て、シルバーカーを選ぶのも良いでしょう。

自分に合ったシルバーカーを選ぼう

高齢者にとって歩くことはとても良いことです。 シルバーカーがあれば、いつもより行動範囲が広がり、活動的になれます。 まずは、使う人の体力や状態、目的にあったタイプを選びましょう。 シルバーカーで毎日の散歩が、少しでも楽しく安全なものになれば良いですね。