白髪を上手にぼかす方法5つ。白髪染めを上手に活用しよう

白髪を上手にぼかす方法5つ。白髪染めを上手に活用しよう

年齢を重ねた方の場合、あまりに黒々としてしまうと不自然ですし、白髪は根元から生えてきますので、根元の白さが気になってしまいます。 また、白髪を一気に染めてしまうと変化が激しくて、染めたことがはっきりと分かってしまいます。 自然に白髪を隠したいのであれば、白髪は上手にぼかす方が効果的です。 そこで、白髪を上手にぼかす方法をご紹介します。

1.自然に全体の白髪をぼかすには

自然に全体の白髪をぼかすには、白髪染めの色選びが大切です。 黒髪だから黒を選んでしまうというのは、不自然になりますので避けたほうが賢明です。 茶色系統の色を選んだ方が、自然にぼかすことができます。 好みで選べば問題ありませんが、より自然にぼかしたいのであれば、ご自分の髪のなかで色が若干薄くなった髪を探し、その色に近い色味のものを選ぶと良いです。 また、髪を傷めたくない、白髪をはっきりした色で染めるまでの必要は感じない、という方は、最近流行のトリートメントタイプの白髪染めを使うという方法もあります。 トリートメントタイプの白髪染めであれば、染まりすぎることはありません。 自然に全体の白髪を目立たなくすることができます。

2.根元の白髪をぼかすには

根元の白髪をぼかすためには、地肌近くまで使うことができるトリートメントタイプの白髪染めが便利です。 毎日でも使うことができますので、自然に根元の白髪を目立たなくさせることができます。 トリートメントとしても使うことができますので、髪そのものをキレイにしていくこともできます。

3.白髪隠しによるリタッチで白髪をぼかす

全体を染めるという形が面倒という方は、気になる根元だけをリタッチするという方法もあります。 生えてきた部分だけを染めることができるので、短時間で染めることができます。 リタッチの場合、お出かけ前に気になったところをささっと隠すという染め方もできます。 リタッチ用の白髪染めは、使いきりタイプのものよりも、必要な分だけ使うことができるタイプのものが便利です。 専用のアイテムも発売されていますので、活用すると良いでしょう。 お出かけ前に使えるタイプのものは、一時染めタイプのものと、トリートメントタイプのように少しずつ染めていくタイプのものがあります。 スティックタイプやマスカラタイプ、ファンデーションタイプなどがあり、一時染めの場合は、シャンプーで髪を洗うと汚れと一緒に落ちてしまいます。 お出かけ前のリタッチでも染められるタイプのほうが良いという方は、染められるタイプを選びましょう。

4.トリートメントタイプの白髪染めで上手に染めるには

自然な仕上がりが期待できるトリートメントタイプですが、その分、キチンと染めるにはテクニックが必要です。 毎日染めていくのも良いですが、染まりが悪いと感じられる方も多いです。 キチンと染めたいと思うのであれば、まずは説明書をキチンと読みましょう。 メーカーによって使い方は多少、違いがあります。 使う順番も違いがありますので、シャンプーの前か後か、確認しておきましょう。 トリートメントタイプのなかにも乾いた髪に使ったほうが良いものもありますので、説明書をよんで使う順番を確認しましょう。 使う量を多めにすることで染まりをアップできますので、白髪が多いという方は、多めにしてみることをオススメします。 また、髪が太い方や硬い方の場合も、染まりが悪いことがあります。 トリートメントタイプの白髪染めはコーティングしていくように色をつけていくものが多いからです。 まんべんなく全体を染めるためには、コームを使うということも大切です。 手で全体に馴染ませたら、コームで整えて染めましょう。 放置時間を長くするというのもオススメの方法です。 染まりをよくするためには、ヘアキャップを被ったり、ラップを巻いたりして温度を高めにしてあげるという方法が最適です。 塗る順番についても、なるべく目立たなくしたい場所から染めていくと染まりやすくなります。

5.シャンプーはノンシリコンで

シリコンが入っているシャンプーを使っている場合、白髪が染まりにくくなります。 そのため、シャンプー選びも上手に白髪をぼかすためには大切です。 染まりやすくするためには、リンスやコンディショナー、トリートメントなどもつけない状態の方が効果的です。 髪の表面がコーティングされた状態だと、あまり染まりません。 トリートメントタイプの白髪染めは表面に色が付くタイプですから、シリコンの入っているシャンプーは避けた方が賢明です。 染まりも悪くなりますし、色落ちも早くなります。 白髪を上手にほかしたかったら、シャンプーはノンシリコンのものを選ぶようにしましょう。

白髪染めを上手に使って白髪をぼかそう

上手にに白髪をぼかすためには、どのようなものを使って白髪を染めるのかが大切です。 自然にぼかすことができるような色のものを選びましょう。 毎日でも使うことができるトリートメントタイプの白髪染めなら自然に白髪をぼかすことができます。 上手に染めるには、シャンプー選びや染め方などにも気をつけるようにしましょう。