シニア世代にオススメなボランティア4つ

シニア世代にオススメなボランティア4つ

高齢者の方々は退職をした後に、第二の人生として様々な生活の方法で有意義に過ごす余裕ができます。

老後の時間を自分のために有効的に使う場合に趣味などに没頭される方もいますが、人の為にボランティア活動をして喜ばれる行動をする事も有意義な人生の歩み方です。

1.植樹ボランティア

地球温暖化が進んでいる世の中において、将来の世代に生きやすい地球にするために、世界各地で緑の木を植える活動を行っています。

100年の間に気温が上昇して、海面の上昇や異常気象によって年々地球が住みにくくなっています。

将来の世代の事を考えながら、住みやすいように高齢者の方々が植樹の活動を行えば、子供たちから喜ばれます。

最近は各地でも温暖化などの影響によって夏場に酷暑が続いていますが、将来の為に植樹を行っておくと緑の力で二酸化炭素が減少して、結果的に65歳以上の高齢者も住み良い地球を作れる事に繋がると言われます。

数十年後に高齢者たちも快適に生きているという事を考えて、一人一人が植樹のボランティアを行えば温暖化の進行を徐々に食い止める結果に繋がって、異常気象の少ない快適な生活を得られやすい事がメリットです。

緑化によって温暖化が解消されると、昔のように朝晩は夏でも快適に過ごしやすくなります。

2.介護ボランティア

少子高齢化が進行する中で、近年は高齢者の数が急速に増加しています。

将来的には65歳以上の割合が4割以上にも達する事で、介護を必要とする高齢者の数も当然ながら増えて行きます。

しかし、お年寄りの世話をする人の数は増加しておらず、今後においては世話をする人が足りない状況に陥ると言われています。

高齢者の介護が避けられない中で、年金をもらいながら介護ボランティアを行う事で、お世話をしてもらう人から喜ばれる事で有意義な行動になります。

介護を行う人は高齢者が中心なので、年齢が近い事で様々な話題に触れながら会話をして楽しんだり、世間話で知恵を得ながら、楽しい生活を送れる事が介護ボランティアのメリットです。

3.清掃ボランティア

河川や砂浜などには、空き缶などのゴミが所々に散乱しています。

美しい街づくりを行うためにアーケード街に散らばっているゴミや空き缶を拾って、通行している人から喜ばれるボランティアの方々を見かけますよね。

街や河川をキレイにする事は、町に住んでいる人々に衛生な環境での生活を提供させます。

基本的には定期的に街をキレイにしている清掃員の人が掃除をしています。

しかし多くの高齢者が街の人の為に清掃活動をする事は衛生の面だけではなくて、健康的にも良いので、健康と衛生の両面を鑑みてオススメのボランティア活動の一環です。

袋を持ちながら空き缶を拾う事で通行人から感謝の一声を貰って、お金を貰わなくても気持ち良く清掃が出来て、足腰を鍛える事にも繋がります。

65歳の年齢を超えると急速に足や腰が衰える傾向なので、年齢を重ねても健康な体の状態になれる事が清掃ボランティアのメリットです。

4.募金活動のボランティア

街頭などで恵まれない人の為に募金活動を行っている若者が多いですが、近年は年齢に関係なく大声を掛けて人の為に募金活動を行う人が多いです。

活動方法は募金箱を手元に持ちながら大きな声を出して、アーケード街で通行人などから箱にお金を入れてもらいます。

近年は東日本大震災などの地震で、被災者の為に若者や元気な高齢者が街頭で一生懸命になって活動をしている姿を見かけたのではないでしょうか。

地震などの災害で被害にあった人や恵まれない人に対して、何か支援する事を考えている時に募金活動のボランティアがオススメです。

集めた募金は被災地や恵まれない人の手元に渡って、物資を十分に届けられる事によって感謝される事が、募金活動の良い所です。

単にお金を集める活動を考えるばかりではなくて、お金を入れてくれた人から頑張っている姿を見られる事も、ボランティアとしての醍醐味です。

街頭を歩いたり、大きな声を自然にお腹から出す事で健康的になれる事もメリットです。

生活の充実のためにもボランティアをしよう

ボランティア活動は人を喜ばせるためことに繋がるだけではなくて、自分が元気になる事に繋がります。

お金を貰わなくても多くの人に役に立つ意識を持てて、自分の健康にもメリットが伴う活動を行う事を考えると、ボランティアはとても良いことです。

インターネットなどで年齢に関わらずに募集しているボランティアを探して、やりたいと思っている活動を選びましょう。