シニア世代の携帯電話の選び方4つ

シニア世代の携帯電話の選び方4つ

シニア世代の方が携帯を持つ時、どのように選ぶべきか迷ってしまうでしょう。

現在持っている方はともかく、初めて持つといった方は特にどれを選んで良いのか、基準すら難しいものです。

シニア世代が携帯を選ぶ時に注意したい点、また選ぶべきポイントをご紹介します。

1.子供や孫と同じ機種を選ぶ

シニア世代にとって携帯を持つ時に一番苦労するのが、操作が分からない時にすぐに相談出来ないという点でしょう。

携帯ショップが近くにあれば良いですが、お店まで遠い場合や営業時間外であった場合には、対応してもらえません。

ましてやちょっとしたことで何度も店頭に足を運ぶとなると、大きな負担となってしまうものでしょう。

そこで、一緒に暮らしている子供や孫などと同機種を選ぶという方法があります。

同機種にすることによって、携帯操作に慣れやすい子供たちなどに教えてもらうことが出来ます。

日頃から同じ機種を使っているからこそ、普段使用する範囲での操作方法は、すぐ身近で解決することが出来ます。

異なる機種の場合は、子供たちも使用方法が分からないという状態になってしまうこともあり、その場合は店頭などに行くことになってしまいます。

同じ機種を選ぶことによって、お店が定休日でも夜や早朝でも外出することなく、解決することが出来るようになります。

どういった機種か一度見せてもらうと良いでしょう。

2.大きい文字対応の機種を選ぶ

シニア世代では、老眼に悩まされている方も多いです。

そのため、携帯などの小さい画面の文字が見えにくく、操作するボタンすら裸眼では確認出来ないといった状態になってしまいます。

シニア向けの携帯が発売されている為、そうした機種には文字を大きくする機能が初めから備わっていることが多いです。

反対に言うと、シニア向けでない携帯には、こうした大きい文字への対応が出来ない場合もあるのです。

どの程度まで大きくなるのか、店頭で購入する際にデモ機(実際に操作できる携帯)を使用して体験してみることが大切です。

いざ持ってみたら文字が見えない、メッセージを読むことが出来ないとなってしまうと、いちいち老眼鏡を手にしなければならないという結果になってしまいます。

携帯によっては大きさの段階が自分で選択できるものもあるため、自分にあったサイズ使用できるものをオススメします。

また、文字だけに限らず、携帯本体の大きさも重要になってくるでしょう。

手の小さい女性にとって、大きい携帯では両手での操作を必要とする場合があり、また大きな手の男性が小さい携帯を持つと操作しづらいという状態になりかねません。

実物を手にしてみて、ボタンの押し具合などを事前に確認しておく必要があるでしょう。

3.プランなどの料金設定にも気を付ける

シニア世代で、尚且つ定年を迎えた方であれば、出来れば携帯代を安く抑えたいと思うことでしょう。

今現在、シニア向けのプランが各社で用意されています。

シニア世代は、若い世代と比較して、インターネットに接続する機会が少ないこと、通話が少ないことから、料金を抑えられるようになっています。

月々の基本料金の設定をシニア向けで設定することによって、毎月の料金を最低限に抑えることが出来るのです。

ただし、携帯の種類によってはそのシニア向けプランを選択出来ない機種があります。

せっかく選んだ機種がシニアプランに対応していないとなると、また機種選びを一からしなくてはなりません。

シニアプランで使用したいという方は、まず対応している機種を確認することが必要となります。

また、シニアプランでなくても料金設定を安くすることは可能です。

ネットを使用しないプランにする、通話料金は定額にしておく等、自分の使用方法によって設定は可能ですので、どのくらいの頻度で使用するのか、あらかじめ自分の中で計画を立てておいた方が良いでしょう。

4.聞こえやすいタイプかも大切なポイント

電話中、相手の声が聞こえづらいといったことはないでしょうか?

こうした音量は、携帯の受話音量で調節することが可能ですが、機種・メーカーによって、その最大受話音量に多少差が生じます。

通話中に受話音量を最大にしても聞こえないとなってしまうと、通話自体が困難になってしまいます。

スピーカーから聞こえる音量がどのくらいなのか、実際に店頭にて音量を確認してみることも大切なポイントです。

いくら画面が大きいからといって、通話に問題が生じてしまっては携帯を持っている意味がなくなってしまいます。

不便と感じる前に、こうした小さなポイントも確認してから購入した方が良いでしょう。

また中には声が聞き取りやすいようにと、周りの雑音を除去してくれる機能がついている携帯もあります。

声が小さくても、ノイズを除去してくれる為に聞き取りやすい場合もありますので、一度確認してみることをオススメします。

一度詳しそうな人に携帯電話について相談してみよう

シニア世代にとっては携帯に慣れないという方もいるでしょう。

しかし、現在シニア向けに操作のしやすい携帯や、料金が安い携帯など、充実した内容で用意されています。

こうした上記のことを注意して購入することを心得ておくと、より便利で快適な携帯ライフを過ごすことが出来るでしょう。

一度、シニア向けにどういった携帯が用意されているのか、店頭で話を聞きながら実際に操作して、自分にあっているか試してみると良いでしょう。