シニアが海外ボランティアをする際のポイント。保険やスケジュール管理をしっかりしよう

シニアが海外ボランティアをする際のポイント。保険やスケジュール管理をしっかりしよう

シニアが海外ボランティアをする場合、どのようなことに気を付けたら良いのでしょうか。

慣れない海外でのボランティアは、シニアだけでなく若い世代でも精神的にも肉体的にも負担が大きいものです。

そんな海外でシニアと呼ばれる年代が、スムーズに海外ボランティアをするためのポイントをご紹介します。

1.しっかりと保険に入る

シニアが海外ボランティアをする際は、しっかりと保険に入るようにしましょう。

海外ではどういう形で事故に巻き込まれてケガをするか分かりません。

ましてシニアと呼ばれる世代は、どうしても体力的に不安と言わざるをえない部分があります。

無理をしないように気を付けても、体調を崩すということもあるでしょう。

そんな時に重要となるのが、海外において使用できる保険に入っておくということです。

保険の内容も色々ありますが、治療費用を手厚くしておくということが大切です。

国によっては医療費が高く、思わぬ出費となりかねません。

万が一に備えて障害治療・疾病治療のこの二つはそれなりに金額を高くしておくようにしましょう。

現地でのトラブル、そして病気やケガの時に、いざという時に心強い味方となるのが海外保険です。

年齢の高い世代だからこそ、そういった保険はしっかりかけておくことがポイントです。

2.スケジュールに余裕を持つ

海外ボランティアをする時、スケジュールに余裕を持つようにするということが大切です。

海外ボランティアをする時、誰もが精一杯役に立ちたいという気持ちから、その国に赴くでしょう。

そういったやる気はとても大切ですが、あまりにも過酷なスケジュールとしてしまうと、体力面で大きな負担になり、結果的には体調を崩すことになりかねません。

ボランティアをするくらいですから、それなりに自分の体力に対しては自信を持っていることでしょう。

しかし、国によっては想像以上に気温が高くて体力を消耗したり、食べ慣れない物ばかりの食事でストレスが溜まるということもあるはずです。

そういう時に忙しすぎるスケジュールだと、疲れていても体力を回復するためのインターバルを取ることができません。

そうすると、せっかくボランティアに行っても、結果として思うような活動ができないということになってしまうのです。

また、ボランティアに出発する前にも、あまり忙しくしすぎて疲れないようにしておきましょう。

出発前からボランティアをするための必要な準備は始まっているのです。

無理をしないスケジュールを組むということが、シニア海外ボランティアをする場合に大切なポイントとなるのです。

3.あらかじめ持病をチェックしておく

海外に行く時に一番心配なのは、現地で体調を崩してしまうということです。

普通の海外旅行でも慣れない土地で大変です。

ましてや海外でボランティアとなると、やっぱり疲れることも多いでしょう。

もちろん保険にも入っているはずですが、万が一にも大きく体調を崩さないように、出発前に持病や体調をチェックしておくということは、とても大切なポイントです。

例えば普段から何か持病がある人は、かかりつけ医に相談して、問題ないか確認しておきましょう。

また、海外で怖いのは、脳卒中や心臓発作といった突発的な病です。

普段からの定期健診でチェックしていれば良いのですが、そうでないなら念の為事前にチェックしておくとより安心です。

国によっては予防接種が必要な国もあります。

また、虫刺されなどに悩まされることもあります。

胃薬や風邪薬と共に、虫よけや虫刺されなどの自分専用の常備薬をしっかりと準備しましょう。

いくら保険に入っていたとしても、くれぐれも現地で体調不良にならないように、慈善に持病や体調をチェックしておくということは、本当に大切なことです。

4.現地の情報を収集しておく

シニアが海外ボランティアをする場合、大切なポイントはあらかじめ現地の情報を収集しておくということです。

これはシニア世代だけでなく、ボランティアに行くすべての人に必要なポイントとなりますが、特に年長者として接することが多いシニア世代は、最低限プラスアルファの情報を押さえて行くと、より快適に現地でボランティア活動に取り組めます。

例えば現地の言葉など、簡単な挨拶の言葉程度は覚えておきましょう。

その国の人とちょっとした会話を交わす時にも、全く現地の言葉を知らないよりも、片言でも良いからその国の言葉を交えて挨拶すれば、きっと喜んでもらえるはずです。

知ったかぶりはNGですが、ある程度事前に現地のことを勉強して行った方が心構えができてよりベターです。

人に教えてあげる必要まではありませんが、現地の情報をある程度は押さえておくということが、シニア世代が意識して押さえておきたいポイントです。

その情報はきっと現地であなたのことを助けてくれるでしょう。

十分に気をつけて海外ボランティアをしよう

体調管理や情報収集をきちんと行っておけば、シニア世代は海外ボランティアにおいて心強い戦力となります。

今まで培ってきた経験というものがあるからです。

気を付けるべきところは気を付けて、ぜひ有意義な海外ボランティアを行ってください。

その活動は現地のやあなたにとって、とても素晴らしい意義のあるものとなることでしょう。