老後はペットを飼った方が良い理由

老後はペットを飼った方が良い理由

老後にペットを飼い、そのことがきっかけで「毎日が楽しくなった」という人が最近増えています。

確かに、老後、ペットを飼い始めたという人は、愛情に溢れたオーラに満ちていて、とても幸せそうに見えます。

では、老後にペットを飼い始めると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

具体的にご紹介します。

1.もう1人子どもや孫ができたような気分になり、もう1度子育ての楽しさを味わえる

老後になると、自分の子どもたちは既に独立してしまっています。

孫がいても、事情があってなかなか会うことができない、という場合があります。

このような時期にペットを飼い始めるることで、「自分に、子どもや孫がもう1人できたような気分になる」と喜ぶ人がたくさんいます。

もう終えてしまった子育てを、もう1度楽しみ、親の気持ちを取り戻すことができるのです。

「育てる」という行為は、育てる対象に対して責任と愛情を注ぐため、気持ちに張りをもたらします。

もちろん、大変なことはありますが、それ以上の素晴らしいことを与えてくれるのが「育てる」ということです。

これは、人間の子どもでもペットでも、本質は同じです。

ペットの親として生活することで、もう1度子育ての楽しさを味わい、生き甲斐を見い出すことができるのです。

2.ペットのことが共通の話題となり、夫婦の会話も弾むようになる

「老後、配偶者との会話がなかなか弾まなくて、毎日が味気ない」と感じている人が最近増えています。

このような時こそ、ペットを飼ってみることをオススメします。

ペットを飼うということは、動物ではあっても、「新しく家族を迎える」ということです。

そのため当然、夫婦間でもペットについて話すことも少しずつ増えていきます。

これが、会話が滞った夫婦の間に、風穴を開けてくれるのです。

ほんの些細なことであっても、ペットのことについて話せば、自然と夫婦間に会話が生まれるようになります。

それがきっかけで、「今まで会話があまりなかった夫婦が、ペットを飼うように名てからよく話すようになった」という結果になった家庭もたくさんあります。

ペットという「自分たちの、新しい子ども」を迎えることによって、もう1度「お父さん・お母さん」に戻り、2人で会話するきっかけを作ることができます。

3.散歩に行ったり、エサを買いに行ったりするので、自然と外に出るようになる

老後、「疲れたり体調が悪かったりして、外に出るのが億劫」という理由から、家の中に引きこもってしまう人も少なくありません。

しかしペットを飼い始めることによって、引きこもりの悩みを解消することができます。

ペットを飼っているとどうしても、エサを買いに行ったり、飼う動物によっては散歩に連れて行かなければならなくなります。

ペットが体調を崩したら、病院に連れて行かなければなりません。

ペットがいると、引きこもってはいられなくなります。

これが、引きこもり解消のカギです。

ペットがいると、「否応なしに外に出なければならない」という状況になるので、外出の習慣ができ、心身共に健康的な生活を送ることができるのです。

4.「ペットのために、自分が健康でいなければ」という気持ちになり、生活にハリが生まれる

老後になると、「自分はもう年だし、適当に過ごせればいいや」という気分になってしまう人がたくさんいます。

しかし、もしペットがいたら、万が一自分が倒れたりした時は、ペットの世話をしてくれる人はいません。

そのため、「この子のために、自分は元気でいなければいけない」という気持ちになり、生活にハリが生まれます。

そうすると不思議なもので、自然と心身共に健康で元気に過ごせるようになってくるのです。

動物も、人間と同じ大切な命です。

それを預かるわけですから、最後まで面倒を見る責任があります。

この責任感こそが強い気力に繋がり、生活にハリを生み出してくれるのです。

5.ペットと一緒にいるだけで癒されるようになる

最近は「アニマルセラピー」というものもあるように、「動物と一緒に過ごすだけで心が癒され、ストレスを和らげてくれる」という効果が証明されています。

そのため、老後にペットを飼うと、毎日その癒し効果を得ることができます。

ペットのふんわりした体を抱きしめるだけで、心が軽くなっていくのがわかります。

ペットを飼うと、世話をするのは大変ですが、ペットの存在だけで心が癒され、辛い時・寂しい時の支えになってくれるということが多いのです。

老後にペットを飼うことで人生をハリが出てくる

ペットを飼うと、毎日世話をしなくてはいけないという責任があるので、決して楽ではありませんが、それ以上の素晴らしいものを我々に与えてくれます。

ペットが家族に加わることで生まれる気持ちのハリ・癒しの時間・かけがえのない絆など、お金では買えない宝物をペットは与えてくれるのです。

もう1人我が子を迎える気持ちでペットを飼う老後は、非常に素晴らしい日々になるでしょう。