老後にギターを始める方法。ポイントと注意点をご紹介

老後にギターを始める方法。ポイントと注意点をご紹介

老後に何か趣味を始めたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

特に若いころあこがれていた、そう、ギターです。

仕事で忙しく趣味に取り組めなかった方も時間のある今だからこそ、チャレンジするチャンスです。
ここでは、老後にギターを始める時のポイントや注意点をご紹介します。

ギターを演奏する人

1.基本はコードを覚えることから

老後にギターを始める時のポイントとして、まずコードを覚えることが第一のポイントです。

コードとはいわゆる和音です。コードなくしてギターの旋律はあり得ません。楽曲はコードの集合体で成り立っています。故に、曲を演奏しようと思えば自然とコードを弾くことになります。コードは楽曲の軸なのです。

2.コードの早い覚え方

では、どのようにすれば早くコードを覚えることができるのでしょうか。

楽譜が読めないとだめなのかとはじめから難しく考える方もいらっしゃると思いますが、ある意味ギターはずるい楽器です。つまり、形が決まっていて、それをずらしていくだけなのです。

典型的な形は決まっているので、その形、弦の押さえ方のバランスだけ覚えてしまえば、あとは簡単に頭で理解できます。

3.歌本を見てみよう

よく本屋で売っている、歌本と呼ばれる歌謡曲がぎっしりと載っている電話帳のような歌本というものがあります。

そこには最新の曲から昔のヒットソングまで、様々な曲が網羅されています。その中にはきっとあなたが知っている曲があります。

歌本にはあらかじめギターコード、つまり押さえ方と、歌詞にコードがくっついて記載されています。これをみながらなんとなく弾いてみることで、あっという間にギターコードは体で理解できるようになります。

4.リズムについて

歌本である程度コードが弾けるようになったら、次はその曲をリズムに乗って演奏してみましょう。

自分の早さでよいのです。

誰に迷惑をかけるわけでもありません。ゆっくりと奏でるように、曲を人に聴かせるように弾いてみましょう。

原曲のCD等をお持ちの方は、それをかけながら弾いてみるのも良い練習になります。好きなアーティストの真似をしながら弾くことも上達の近道です。

5.立って弾く

原曲を聴きながらリズムに乗ってコードを弾けるようになってきたら、次はストラップをかけて、立ってギターを弾いてみましょう。

座って弾くのと立って弾くことの違いにあなたは少しとまどうかもしれません。しかし、あなたの憧れだったミュージシャンは立って演奏していましたよね。その憧れのミュージシャンになりきって、立って弾いてみてください。足でリズムを取って、原曲のCDをかけながらでも良いです。なりきって弾いてみましょう。

これができるようになると、あなたはもうミュージシャンと言えます。

6.ソロを弾く

そしてギターを弾く醍醐味として、ソロを弾くという行為があります。

音符も読めないあなたがギターソロを弾くことは、非常に難しく感じられるかもしれません。しかし、実はコードを弾く考え方とソロを弾く考え方は同じなのです。

これまで憧れだったミュージシャンは、はたして頭の中で考えながら弾いていた訳ではないはずです。

7.ソロを弾くコツ

ソロを弾くには、少しだけ勉強する必要があります。

しかし、全く難しいものではありません。スケールという5つの形があるのです。その組み合わせでギタリストはギターソロを弾いています。

しかも、曲のキーが違えばスケールの出発点をずらせばよいだけです。要はコードの考え方と同じなのです。ペンタトニック・スケールという典型的なスケールがあります。

そのスケールを覚えるだけでも十分です。

8.コードとソロを弾く

コードとスケールを覚えたら、曲に合わせてプレイしてみましょう。

はじめはうまくいかないかもしれませんが、好きな楽曲なら、そのアーティストになりきって弾いてみましょう。何回か練習してくうちに、弾けるようになっていくはずです。

歌の部分はコードで、ギターソロはスケールで弾いてみましょう。もう、あなたはミュージシャンです。

ギターを始めて新しい世界を切り開こう

コードとスケールの組み合わせで楽曲は自由自在に弾けます。

時間は多少かかるかもしれませんが、実はギターはそんなに難しい楽器ではありません。

これまでギターを弾きたかったけど機会がなかった方は是非チャレンジされてみてはいかがでしょうか。きっと、新しい世界が開けるはずです。