老眼と近視の違いとは。老眼の予防と対策をしよう

老眼と近視の違いとは。老眼の予防と対策をしよう

「最近、近くのものが見えにくくなった」

「近くのものを見ていると肩こりがひどくなる」

目にまつわるトラブルは様々です。

中でも老眼は、年齢の経過とともに誰もが意識するものです。

では、よく混合されがちな老眼と近視、どう違うのでしょうか。

今回は、老眼と近視の違いについてご紹介します。

1.老眼は老化現象

老眼と近視はよく対比に出されますが、老眼と近視はまったく仕組みが異なるものです。

近視は主に近くをよく見る人がなるものですが、老眼は老化現象であり、普段の目の使い方とはさほど関係がありません。

最近では、近視と診断されるお子さんが多くなっています。

しかし、老眼になったというお子さんはあまり聞かないのではないでしょうか。

個人差はあるものの、老眼は40歳~60歳代になって意識し始めるものです。

一般にいう近視とはかなり仕組みが異なり、中高年の固有の悩みとなっています。

2.目が見えるメカニズム

目の構造はカメラの構造に似ています。

カメラでは、被写体に焦点を合わせるためにカメラの内部でレンズの位置を調整しています。

目にもレンズの役割をする水晶体というものがあり、これを調整することで焦点を合わせています。

これには毛様体筋という筋肉がはたらいており、この動きにより水晶体の厚さを調整しています。

正常な目であれば水晶体には弾力があり、厚さを変えることができるのです。

私たちが遠くのものも近くのものも同様に見ることができるのは、まさにこのメカニズムによるものです。

近視は、近くに焦点が合いやすいように眼球が変化する、一種の適応作用です。

近くを見るということは、正視(近くも遠くも問題なく見える状態)の眼球にとっては、筋肉にかなりの負担がかかります。

先ほどの毛様体筋に力を入れ続けなければならないからです。

そこで、眼球の形を変化させることで筋肉に負担をかけなくても近くが見えるように適応させているのです。

一方で、遠くのものは見えにくくなってしまいます。

3.老眼の原因と仕組み

目にはカメラのレンズに相当するものとして、弾力のある水晶体というものがあり、この厚さを変えることで、焦点を合わせているということでした。

先述の通り、近視は眼球の形が変化することにより近くのものしか見えなくなるとのことでしたが、老眼はそれとは仕組みが異なり、水晶体の方が問題になってきます。

水晶体には弾力があるということがポイントとなっていましたが、加齢とともにこの水晶体の弾力がなくなり、焦点を合わせるのが難しくなってきます。

水晶体に弾力がなくなると、厚さをうまく調整できなくなってしまうのです。

これが老眼の原因です。

老眼は老化現象であり、誰もが意識するものと冒頭述べましたが、その理由はこの点にあります。

4.老眼を抑制するには

老眼の対策法としてはどんなものがあるのでしょうか。

近視の場合には、近くを見すぎていることにより起こるものですから、近くをできる限り見ないようにすること、そして遠くを見るように心がけることが対処法として有効です。

しかし、老眼の場合には水晶体の硬直化が問題なのですから、普段からより水晶体を動かすように心がけることが効果的です。

これには、水晶体トレーニングが役立つでしょう。

このトレーニングは、近くと遠くを交互に見るということです。

これを普段から行うと効果的です。

水晶体を柔軟にするためには、毛様体筋を動かして、ピントを合わせる動作を意識的に行うことが大切です。

近くを見るときと遠くを見るときに水晶体の形が変化するため、この動作を交互に行えば水晶体の硬直をいくぶん抑え、老眼の進行を抑制することができるでしょう。

5.老眼の予防と対策をしっかりしよう

老眼は老化現象であり、残念ながら抑えることはできても、完全に防ぐことはできません。

しかし、近視や遠視と混同してしまい、自分には関係ないと考える方が多いようです。

老眼の場合でも、目が見えにくくなるという点では変わりはなく、やはり矯正が必要です。

無理に物を見ようとすると、過度に目に負担をかけて眼精疲労となったり、肩こりや頭痛に悩まされたりすることもあります。

老眼とうまく付き合うための方法として、自分にあった老眼鏡を選ぶのが良いでしょう。

アントシアニンやビタミン類などを含む、目に良い食品を普段からとるのも良いでしょう。

やはり一番大切なのは、自分の目を大切にするという姿勢であるといえます。

老眼と近視との違いをきちんと知って対応しよう

老眼は防ぐことができるものではありませんが、一方で正しい付き合い方をすればそれほど苦痛となるものでもありません。

まずは老眼と近視との違いをきっちりと知り、対策をしていきましょう。