老眼防止のトレーニング7つ。老眼を防止しよう

老眼防止のトレーニング7つ。老眼を防止しよう

老眼とは、年齢と共に近くの物が見えにくくなってくる老化現象です。

何故近くの物が見えにくくなってくるのかと言うと、目のレンズである水晶体の弾力が失われ、ピントを合わせる調整能力が衰えてくるからと考えられています。

また、この水晶体の厚みを調整する毛様体筋の調整能力も衰えてくるのも要因だと考えられています。

今回は、そんな老眼を防止するトレーニングをご紹介します。

1.遠近トレーニング

これは遠くの物と近くの物を交互に見る事で凝り固まった毛様体筋をほぐし、水晶体のピント調整機能を回復してあげるトレーニングです。

まず自分から2~3m離れた所にカレンダーを、そして自分から20~30cm離れた所に鉛筆を持ちます。

それらをそれぞれ3秒ずつ交互に見ていきます。

カレンダーを3秒見たら、次は鉛筆を3秒。

またカレンダーを3秒というようにです。

これを30往復を1セットとし、1日に4セットぐらい行うと効果があると言われています。

2.指スライドトレーニング

これも遠くの物と近くの物を交互に見る事で毛様体筋をほぐすトレーニングの1つです。

まず親指の先に何か1文字書きます。

近視傾向の人は、その書いた文字が両目ではっきり見える位置に、遠視傾向の人は両目でぼやけて見える位置に指を持っていきます。

そして近視傾向の人は文字がぼんやり見える位置まで、遠視傾向の人ははっきり見える位置まで腕を伸ばしていきます。

そして1秒間遠ざけたら又最初の位置まで戻し3秒間、そして又遠ざけて1秒間というのを繰り返します。

3.遠方凝視トレーニング

これは外の景色の中でもかなり遠方の物をただ見るのではなく、集中して凝視するトレーニングです。

まず両目で見て、次に左目を手で隠し右目だけで凝視、次に右目を隠し左目だけで凝視します。

4.焦点イメージトレーニング

まず本や雑誌、新聞などの中から1文字を選び、その文字に3秒間焦点を合わせます。

そして次に3秒間目を閉じて、目を閉じた状態でも先に見た文字を見ているイメージを続けるのです。

そして又目を開けて3秒間同じ文字に焦点を合わせるという事を繰り返します。

目を閉じた状態の時に毛様体筋は緩むという性質があるので、その毛様体筋が緩んだ状態で物が見られるトレーニングをしているのです。

この目を閉じている時間が長ければ長いほどトレーニング効果が高くなるので、慣れてきた3秒から5秒、8秒と徐々に目を閉じる時間を長くしていきましょう。

5.平面遠近読み取りトレーニング

人間の脳は目は小さく見える物は遠くに、大きくみえる物は近くにあると認識します。

この性質を利用して、目の遠近を柔軟に合わせるトレーニングをする方法です。

一枚の紙に平仮名の「あ」から「ん」を大きさも向きもバラバラに適当に書いていきます。

そして次に、60秒間でその書いた「あいうえお」を50音順に順番に目で追っていくというトレーニングです。

50音順に目で追っていくのに慣れていったら、任意の言葉を追って行ってもいいでしょうし、言葉を家族に言って貰いそれをその文字を目で追っていくという方法も効果が高まるでしょう。

6.外眼筋ストレッチトレーニング

外眼筋とは目を上下左右に動かしたり回転させる為の筋肉です。

この筋肉を緩めてあげる事で毛様体筋をも緩めてあげる事ができ、老眼の予防に繋がります。

やり方は、まず目をしっかり閉じてから両目を大きく見開きます。

そして顔は正面を向けたまま、両目で左を見、次に右を見、次に上、下と順番に見ていきます。

これを2~3回繰り返すのです。

この右、左と目だけ動かす時に、大きく目を動かす気持ちで行うと効果があります。

また、慣れてきたら、右斜め上、左斜め下などの方向も取り入れても良いでしょう。

7.寄り目トレーニング

老眼が進んでくると寄り目が出来なくなると言われています。

老化と共に両目を寄せて来る事が難しくなってくるのです。

ですから、この寄り目をする事で目の老化を遅らせる事が可能です。

まず、顔の正面から30cmぐらい離れた場所に自分の人指し指を立てて、両目で見ます。

そして息を吸いながら、徐々にその人指し指を自分の方へと近付けてくるのです。

目の前5cmぐらいまでは寄せてこれるかもしれません。

指が1本に見えている内は寄り目が出来ているという事です。

それが2本の指に見えるようになると、その段階で寄り目が出来ていない事になります。

2本に見えた段階で再度30cmぐらい離して、また息を吐きながら徐々に近付けてくるといった事を繰り返します。

慣れてきたら指を近付けてくるスピードを早めてみると、トレーニング効果が上がります。

トレーニングで老眼を防止しよう

老眼予防に効果的な目のトレーニング方法は多数紹介されていますが、目も人間の身体の一部です。

身体全体が健康でなければ目も健康ではいられません。

ですから、運動や食生活を注意し、身体全体を健康に保つ事も老眼予防に繋がるでしょう。