お墓を処分する方法。供養から離檀料まで処分完了まで数年かかるケースも

お墓を処分する方法。供養から離檀料まで処分完了まで数年かかるケースも

今は少子高齢社会であるため、お墓があってもそれを管理してくれる子孫がなく、「お墓を処分したい」と考える人が増えています。

誰もお墓を管理しなくなると、そのまま無縁仏になってしまうため、お墓を管理できる子孫がいない場合は、お墓を処分してしまった方が御先祖様のためにもなります。

では、お墓を処分するには、どのように行ったら良いのでしょうか。

1.まずは墓地の管理者と、お世話になっていたお寺に連絡する

お墓の処分は、自分1人で勝手に行うことはできません。
お墓の処分に関しては「墓地埋葬法」という方法があり、それに違反する行為はしてはいけないことになっています。

そのため、墓地埋葬法に基づき、正しい順序でお墓を処分しなくてはなりません。

お墓を処分したいと決めたら、まずは親戚の中で墓地の管理していた人連絡を取り、お墓を処分する旨を伝え、そのことについて許可をもらってください。
お墓の管理者の許可がないと、お墓は処分できません。

自分1人の判断で勝手にお墓の処分を進めてしまうと、今後の親戚関係が悪化することもあります。
なので、必ず墓地の管理者には相談してください。

次に、お世話になっているお寺にも、お墓を処分したいということを、事前に伝えましょう。

これは法律には記載されていませんが、今まで代々お世話になってきたお寺への礼儀として、やはり一方入れることが筋でしょう。

そしてお墓の管理者から、お墓処分の許可をもらってから、次の段階の手続きに進んでください。

2.遺骨をどこに移動するかを決める

お墓そのものを処分しても、遺骨は残ります。
それをそのままにしておくわけにはいきません。

そのため、お墓を処分する前に、遺骨をどこに移動するかについて、きちんと決めておく必要があります。

主な遺骨の移動としては、永代供養してもらう・散骨する・一族の別のお墓に移動するという方法があります。

いずれにしても、遺骨の移動先を自分1人の判断で決めてはいけません。
お墓の管理者にお墓を処分することを相談する際、遺骨の移動先に関しても、この段階できちんと取り決めをしておくことが、後々のトラブル回避に繋がります。

遺骨の移動先が決まったら、役所へ行って「改葬許可証」を発行してもらいます。

この書類がないと、遺骨は移動できません。

3.一連の供養を行う

次は埋葬されている御先祖様の供養をします。
この供養はお寺の御住職にお願いし、それに同席するという形になります。

供養の手順はこのようなものになります。

まず、「魂抜き」という儀式を行います。
そしてそれが終わったら、遺骨の取り出しを行います。
遺骨の取り出しは、御住職同席の元、石材店の業者が行います。

そして、最後は墓地の開眼供養を行います。
これで一連の供養が終わります。

4.墓石を撤去し、さら地にして返す

遺骨を取り出したら、次は墓石を撤去します。
これは石材店に依頼します。

どこの石材店に頼むかについては、事前に親戚と話し合って、早めに決めておいた方が良いでしょう。

使っていた墓地は、「最後にさら地にして返す」ということが基本です。
墓地がさら地になるまでは、お墓の処分はまだ完了とは言えません。

ちなみに石材店は、お墓の処分の一連の流れを知り尽くしているプロです。

墓石の撤去などに関してはもちろん、何か不明点があれば何でも相談してみてください。

石材店は、お墓の処分に関して様々なケースを見てきているため、何か問題が起きた時は力になってくれます。

5.お世話になったお寺から離檀料を請求されたら、基本的に払うことが必要

お墓を処分するということは、お世話になっていたお寺の檀家から離れるということを意味します。

この時お寺から、「離檀料」と呼ばれるお金を請求されることがあります。

離檀料の金額は一定ではなく、お寺によっては高額な離檀料を請求してくることもあるようです。

しかし、離檀料は「お布施」であると同時に、「今まで代々お世話になってきたお礼」でもあります。

最後に快く支払うようにしましょう。

但し、金額があまりにも法外である場合は、親戚を交えて交渉してみても良いでしょう。

6.お墓を処分する際の費用については、事前にきちんと親戚同士で話し合っておく

お墓は、処分するにもまとまったお金がかかります。

そのため、「誰がどの費用をどのくらい負担するのか」については、事前にきちんと話し合っておくべきです。

費用の負担の話題が、後々のトラブルの最も大きな火種になります。

具体的金額は書面に残すなどして記録し、後々金銭トラブルが起きないように配慮しましょう。

金銭の話は、後回しにすればするほど厄介になります。
できるだけ早い段階で合意させておくことが大切です。

お墓の処分には数年かかるケースも

色々と細かい手続きや作業があるお墓の処分ですが、「これで御先祖様が無縁仏にならずに済んだ」という喜びの声も大きいのも事実です。

関係者とは密に連絡を取って話し合い、焦らず進めていってください。

早い人では、1ヶ月くらいでお墓の処分が完了しますが、1~3年くらいかかるケースもあります。

しかし、長引いてしまったとしても、焦らずに、全員が納得する形でお墓を処分することが大切です。