寝たきりにならない!寝たきり予防法4つ

寝たきりにならない!寝たきり予防法4つ

私達人間は、歳を取ると身体の老化が進んでしまい、動くのも億劫になるケースも少なくありません。

そのため、ちょっとしたきっかけで、ずっと寝たきりになる場合もあります。

寝たきりになると、他の人にも世話をお願いしないといけませんし、ドンドン症状が悪化しますので、やはり出来るだけ改善をしていかないといけません。

現在、寝たきりでは無いけれど、身体の状態が心配だと言う人には、出来るだけこのような方法で、寝たきり予防をするのもオススメです。

1.毎日の運動習慣をつける

寝たきりになる可能性は誰しもありますが、やはり歳を取ることで身体を動かしにくくなり、出歩かないことなども寝たきりの可能性を高くする恐れがあります。

使わない筋肉などは次第に衰えていきますし、何もせずにテレビばかりみているのも脳の委縮を招く恐れもあります。

脳が委縮すれば、それに伴って身体の動きがますます悪くなりますので、寝たきりになる恐れも出てきてしまうようです。

このようなことから、毎日一時間でも散歩をしたり体操に参加したりすることも、寝たきりにならない身体になる方法としてあげられます。

最近では、自治体が毎月高齢者向けのリハビリ体操などの指導を行っているところもあります。

無料で参加出来る上、色々な人とふれあうことが出来ますので、一人暮らしでずっと家にこもっていると言う高齢者には、このような体操に参加するのも良いのではないでしょうか。

それに、介護保険なども使えるリハビリデイサービスなどもあります。

こちらでは理学療法士や看護師、柔道整復師などの資格を持った人が機能訓練の指導をしてくれますので、身体の残存機能の能力を向上したりするのにも良いかと思います。

2.身体だけでは無く頭も使う

脳の働きが弱くなると、物忘れなども頻繁におこるようになります。

このことから、身体の運動機能に影響を与えたり、人に迷惑を掛けたくないために出歩かなくなり、結果的に寝てばかりになる可能性もあります。

寝たきりを防ぐためには、運動の他にも脳を動かすことも大事です。

例えば、テレビを観るにしてもバラエティ番組ばかりを観るのでは無く、クイズ番組なども観て、一緒に考えるのも良いでしょう。

それに最近では、パソコンやスマートフォンなどに興味を持ち、便利に使いこなしている高齢者も少なくありません。

中には、インターネットを利用した仕事をして、お金を稼いでいるケースもあるようです。

インターネットを利用したり、文章などを打ち込んだりすることも脳には良い刺激となります。

簡単な問題集を解いたり、塗り絵などをしたりするのも手を使いますので、脳の働きを活性化して、身体にも良い刺激を与えてくれます。

3.怪我や病気にも注意する

その他にも、寝たきりになる原因として大腿骨の骨折なども関係しています。

高齢者になると、骨折などから動くのが大変になり、治療した後でもずっと寝たきりの生活を送る人も少なくありません。

そのため、骨折などを起こさないように、日頃から気をつけるようにしましょう。

何でもこれぐらいなら大丈夫だと考えるのではなく、用心して、必ず安全な方向に進むことが大事です。

また、自転車などに乗る際には転倒などにも注意しましょう。

自宅にも手すりなどをつけ、転倒防止などに役立てるのも良いことです。

その他にも、脳梗塞などから寝たきりになる可能性もありますので、身体に異変を感じたら、まずは病院に行く習慣をつけましょう。

4.カルシウムなどの身体に良い栄養を充分に取る

高齢になると動くのも大変になり、食事なども自分の分だけで良いとなると、簡単に出来るもので済ませてしまいがちになります。

そのため、レトルトなどを頻繁に食べる人も中にはいるようです。

このような食事を続けていると、身体にも栄養不足が起こったりすることもあります。

特に骨の形成などに必要なカルシウムなどは牛乳や魚などからも摂取しますので、不足してしまうと骨が脆くなることもあるようです。

身体を丈夫にしたいと思ったら、食事の見直しが大事になります。

栄養バランスの取れた献立を意識して、出来るだけカルシウムを多めに取ると良いでしょう。

また、自炊が面倒だと言う場合には、宅配弁当などのサービスもあります。

きちんと栄養士がバランスを考えて作ったものもありますので、このような弁当を利用するのも良いでしょう。

しかし、自炊すると言うことも脳の刺激には良いことですので、出来るだけ自分で作ると言う努力も必要です。

健康的な生活を心がけて寝たきりを回避しよう

他にも、色々な方法があります。

基本的には、病気にならないように普段から免疫力をアップさせるように心がけましょう。

体温を上げることで免疫力も高くなりますので、毎日しっかりと睡眠を取ったり、お風呂にきちんと入ったりするのも、寝たきり防止には良いでしょう。