物忘れ外来とは何か。物忘れに悩む時に病院へ行こう

物忘れ外来とは何か。物忘れに悩む時に病院へ行こう

「物忘れ外来」という言葉を聞いたことがありますか? 最近、歳のせいか物忘れが激しい…なんてことありませんか。 ひょっとして認知症なのでは?そう思っても、どの診療科にかかったら良いのかわからない。 そんな悩みを解決するのが「物忘れ外来」と呼ばれる、物忘れや認知症専門の診療科です。

1.物忘れ外来ってどんなところ?

体験の一部を忘れる、時間や場所などに性格な意識がある場合、多くは加齢による物忘れが考えられますが、新しいことを覚えられない、物忘れの自覚がない場合などは認知症による物忘れの疑いがあります。 「物忘れ外来」とは、その他に「メモリークリニック」「認知症外来」とも呼ばれていますが、認知症や精神病、脳の病気に詳しい医師のいる診療科のことです。 どこの病院にも開設されているというわけではありませんが、現在地域の精神科病院や総合病院、診療所でも設置するところが増えてきています。 「物忘れ外来」では、認知症だけを扱っているわけではありません。 「物忘れ」に関する様々な病気を扱っていますので、物忘れの症状で悩んでいる場合は「物忘れ外来」を受診しましょう。 尚、「物忘れ外来」は毎日開設されていることは少なく、要予約制となっていることが多いです。 病院に行く前に病院に確認をし、予約をしましょう。 まずは地域の診療所やかかりつけ医に紹介状を書いてもらうことをオススメします。

2.どんな診察をするのか

他の診療科と同じように、「物忘れ外来」でも問診を主に診察を行います。 そこで重要となってくるのが、正確な病状の訴えです。 正確であればあるほど、的確な診断、治療か可能になります。 受診の際には物忘れの症状に悩む本人と、それから本人の症状に詳しい家族などの近親者と一緒に受信しましょう。 では問診ではどんなことを聞かれるのでしょうか。 まずは「どうして”物忘れ外来”を受診したのか」を聞かれます。 無論、物忘れに悩んでいるからになると思いますが、物忘れには認知症だけでなく様々な原因が考えられます。 具体的な症状から原因を探り出します。 それから「症状はいつからか」「これまでどんな病気にかかったことがあるか」「今までどんな生活を送ってきたか」「家族にどんな病気の人がいるか」等を聞かれます。 それぞれ正確な原因を探り出すのに必要となりますので、同伴の近親者は本人の症状について整理しておくと良いでしょう。 問診の他にはCTスキャンなどによる画像での診断も行います。

3.同伴する上で準備しておくこと

診療について一緒に診察を受ける上で、本人の症状について整理しておくとより正確な症状を医師に伝えることができます。 本人に何ができて何ができないか?今まで当たり前のようにできていたこと・・・例えば公共機関を使っての移動や料理、車の運転などは問題なくできているか。 食事や排泄など身の回りのことは一人でできるか。 それから、今までの本人からしたら考えられない異常な行動や不可解な行動はないかを聞かれます。 何度注意しても止めないことなども医師に伝えられるようにチェックしておきましょう。 突然怒り出して暴れ回ったり、冷蔵庫からものを漁って食べ続けるなど、具体的な症状を訴えられるようにします。 精神的な症状についても注意が必要です。 不眠の症状や幻覚、幻聴の症状はありませんか? なるべく細かく注意してみましょう。

4.病院の選び方

「物忘れ」の症状の多くは、「もう歳だから仕様がない」という理由で見過ごされています。 物忘れから始まり、それから様々な奇行に移行するにあたり、本人や家族が自覚し受診する例が多いです。 医師に診てもらう際に、どこの病院に行けば良いのか悩むと思いますが、そんなときは先にも書きましたが、かかりつけの医師に相談をしてみましょう。 恐らく、近隣の「物忘れ外来」を紹介してくれるはずです。 かかりつけ医がいない場合は、地域包括支援センターや介護保険課等でも情報を得ることができます。 ネットを使えるようであれば、コンピューターを使ったコミュニティーの検索も役に立ちます。 そこで実際診察を受けた患者さんの情報なども手に入れることができるでしょう。

物忘れ外来へ行こう

認知症である場合、物忘れに関して本人の自覚が無い場合があります。 家族や近親者に高齢の方がいる場合、電話だけでなく実際に訪ねてみたり、頻繁に様子を窺いましょう。 そこで認知症の症状が見られたら、一人で悩まずに専門の医療機関に相談してみましょう。 本人に伝えることに気遅れを覚えてしまうかもしれませんが、認知症の診断や治療には本人の受診が不可欠です。 医師と相談して、早めの診断を心がけましょう。