車椅子の種類まとめ。室内用から歩行車兼用まで

車椅子の種類まとめ。室内用から歩行車兼用まで

看護や介護の時に使用する車椅子は、持っている機能が異なり種類がたくさんあります。

特徴を理解して選ぶと、毎日の看護や介護は楽になりますし、車椅子を使う方も体への負担が軽くなるでしょう。

そこで車椅子の種類をご紹介します。

1.室内用車椅子

室内用車椅子は、病院や介護施設でもよく見かけるスタンダードな車椅子です。

狭い室内にも対応するため、比較的コンパクトで小回りが利きます。

屋外で使用する車椅子より、タイヤが小さめに作られているのも特徴で、邪魔にならないのがメリットでしょう。

タイヤの周りにはハンドトリムという一回り大きいリングがついていますが、車椅子を利用する人が自分で動かすときは必要な部分です。

もし、介助者が車椅子を押すことに決まっているなら、ハンドトリムの無いさらにコンパクトな室内用車いすを選ぶこともできます。

利用者の希望や利用条件に合わせて対応しています。

2.電動車椅子

電動車椅子は、電動モーターで移動しやすくなっている車椅子のことです。

方向コントローラーがついていて、車椅子に乗っている人が自由に動かせるタイプもありますし、介助する人が楽に押せる電動アシストがついているタイプなどがあります。

ハンドトリムで動かそうとしても、傾斜のある場所では体重や車いすの重さで動けなくなる時があります。

そういったデメリットを解消して、屋外でも移動しやすくなっています。

モーターなどの搭載をしていますので、その分は値段が高くなる車椅子ですが、日常生活がかなり楽になるのは確かでしょう。

3.携帯車椅子

携帯車椅子は小さく折りたたむことができて、携帯できるコンパクトタイプです。

車椅子を利用している方が、車で移動しようとすると車椅子を積むのが大変だと言われることがあります。

スタンダードなタイプの車椅子は、折りたたんでも場所をとって車の中が狭くなりがちです。

車で移動することが多いなら、携帯車椅子を持っていると便利でしょう。

携帯用ですのでタイヤが小さい作りになっていて、他の種類の車椅子より乗り心地は良くないでしょう。

低価格なので、車に積んでおいて必要な時に使うための車椅子として持っていても便利でしょう。

4.ティルティング車椅子

ティルティング車椅子は、車椅子に座ったまま背もたれや座面の角度調整ができて、姿勢を変化させずに体を楽な体制にできる車椅子です。

似たタイプでリクライニング車椅子があり、背もたれの角度だけ変えることができます。

フルリクライニングのタイプなら、体全体を水平にして運ぶことができるので、姿勢の交換が必要な人には使いやすい車椅子となるでしょう。

具合が悪い時などストレッチャーのようにして使うこともできます。

背もたれはハイバッグの椅子のように高さがあるので、首から頭まで支えたい人も、ティルティング車椅子が良いでしょう。

5.歩行車兼用の車椅子

歩行車としても車椅子としても使用できるツーウェイタイプです。

リハビリで歩いていても、疲れた時には車椅子として使用できるため、年配の方も日常生活に取り入れることが多い車椅子です。

歩行車使いをしてもバランスを崩さない構造にしているので、手押しをしていても不安がないのがメリットです。

座面が広いシルバーカーよりは車椅子部分がしっかり作られていますので、機能に不満を感じることはないでしょう。

見た目にも車椅子の要素の方が多いです。

足の筋力に自信がなく外出を控えてしまう方が、活動的な生活をするサポートにも便利です。

6.ひじ跳ね上げ式車椅子

ベッドから車椅子に移動するとき、またその反対でも邪魔になるのが車椅子のひじ置き部分ですが、そのデメリットを解消しているのがひじ跳ね上げ式車椅子です。

車椅子から車に移動する、トイレに移動するなどの機会が多く、ひじ置きが邪魔だと感じている人にオススメのタイプでしょう。

肘置きの形状にかかわらず座面までがフラットになるので、介助者がサポートするときにも移動させやすくなります。

車椅子の利用者も介助者も体への負担が少なくなることが期待できます。

跳ね上げ部分は、引っかからない滑らかな加工になっている車いすがほとんどですが、現物を見て確認して選んでください。

7.他にも様々な機能で選べる

車椅子はほかにもたくさんの機能があるので、カスタマイズをするように選ぶことができます。

外出先で最も困るのはタイヤのパンクですが、樹脂製のノーパンクタイヤや、もっと軽量で乗り心地の良いエアタイヤなどもあります。

利用する人の体形に合わせて高床や低床を選んだり、アルミ製やスチール製など軽さや丈夫さで選び分けることもできます。

体形に合わせて調整しながら使える車椅子もあるので、使いやすい方を選んだ方が良いでしょう。

個人的に持つ人は少ないかもしれませんが、車載用車椅子、浴室用車椅子など用途に合わせ様々な形のタイプが用意されています。

たくさんの種類の中から自分に合う車椅子を選ぼう

種類別や機能別でいろいろな車椅子の形があります。

使いやすさを重視するとしても、利用者が使いやすいのか介助者が使いやすいのかなど視点が変わるでしょう。

不便を感じることも多い車椅子での生活をできるだけ快適にして、過ごしやすくするのが最も大切なのではないでしょうか。