孤独な晩年を過ごさないために今できること6選

孤独な晩年を過ごさないために今できること6選

近年、独居老人の孤独死などが社会問題になっていますね。

人生の終わりに近づいている時の孤独ほど身に染みて寂しいことはあません。

やはり老後は気の合う人と最後まで人生を楽しみたいものですよね。
そんな老後のパラダイスを実現するために、孤独な老後を過ごさない様にする方法をご紹介します。

孤独な男性

1.パートナーを大切にする

今、自分の隣にいる配偶者または、パートナーを普段から大切にしましょう。

なぜなら、最近では熟年離婚という問題も顕著になっているからです。

今までパートナーをないがしろにしたことで、パートナーが残りの人生をあなたと過ごしたくないと考え、突然「さよなら」を告げるという可能性は非常に高いということが言えます。

老後はやはり、パートナーとの暮らしが非常に心のよりどころになります。

もし今、パートナーをあまり大切にしていないという気持ちがあれば、心を入れ替えパートナーを大切にして、生涯思いやりを持ち寄り、お互いに幸せな気分で過ごしましょう。

2.子供や孫に愛情を注ぐ

自分の子供や孫がいる人で、子供や孫にわがままばかり言ったりして愛想をつかされたりなどしていませんか?

自分の子供や孫は自分に従うものと威張り散らしている人は、寂しい老後が待っている事が多いです。

家族といえど、お互いを尊重する関係を築けている人は、老後になっても子供や孫があなたをけっして寂しい環境においたりはしないでしょう。

3.お金をためておく

人生はお金がすべてでもなければ、本当の愛情もお金で買う事はできません。しかし、お金があれば寂しさを感じずに過ごすことがお金がないよりもできます。

例えば、自分の身の回りの世話をしてくれる人を雇うこともできますし、ビジネスではお金を出してくれる人を大切に扱ってくれます。それが本当の愛情からではなく、お金のためであっても、何も無いよりは大切にしてもらえることに幸福を感じることができます。

4.趣味のグループを見つける

自分の趣味を他の人と大いに楽しむことは、老後を楽しくさせてくれます。

趣味を通して、人と人のつながりができますし趣味に没頭する時間もあなたを満たされた気持ちにしてくれます。趣味のグループの人と、飲み会を開いたり楽しい友人づきあいを広げて行く事ができます。

趣味は、アート系でも、スポーツ系でも、はたまた、地域のボランティア活動でもなんでもよいので、人とのつながりを築きましょう。

5.インターネットを駆使する

インターネットは、以前は匿名の場所でしたが、最近ではフェイスブックや、ツイッターの流行によりどんどん本人確認が取れる場となっています。

始めは、SNSを通して、ゲームや会話を楽しむ仲から現実の世界でコンタクトを取れるような仲に発展する場合も多々あります。

インターネットは苦手だと言っている人は、人との繋がりの場を一つ失うことになります。
どんどん、インターネットの世界を知り、自分の活動範囲を広げましょう。

6.シェアハウスに住む

気の合う人と一軒家をシェアしたり、まるでホームステイのように学生さんに空いている部屋を貸したりなどすることで、毎日誰かが同じ家にいてくれることになります。

部屋を貸すことで副収入もできますし家に一人ではないと思えることは、心も安心できる要因です。同じ家に人のぬくもりがあることで、寂しさも軽減されます。

コミュニケーションをとれる人を確保する

老後に寂しい思いをしないためには、やはり、コミュニケーションを取れる人がいるということがなにより大切です。いつでも、人と人とのつながりを尊重できる振る舞いを普段から、行うことは、充実した人生を送るために非常に重要です。