家族葬だと通夜はどうしたら良いの?家族葬と通夜の関係

家族葬だと通夜はどうしたら良いの?家族葬と通夜の関係

最近よく聞くようになった「家族葬」。

近親者だけで行い、弔問客はお断りする形です。

葬儀社の小さめのホールなどでこじんまりした祭壇と家族だけの席が用意され、通夜と葬儀は家族だけが参加します。

このような場合、普通のお葬式とは少し違った配慮が必要です。

1.基本的に参列はひかえる

遺族が家族葬にしたいと思う理由は色々とあります。

例えば、療養が長くて家族が疲れてしまっている場合。

逆に突然の死去で心の整理ができず、通常の葬儀のような手間隙をかける余裕がなかったり、他人とあまり会いたくない、という場合もあります。

また、あまりお金を掛ける余裕がなかったり、派手な葬式が嫌、といった理由で亡くなられた方が遺族のために「簡素な葬儀にしなさい」といい遺す場合もあります。

通常の葬儀の場合、通夜に参列した人に対し、香典返しをお渡しし、通夜振る舞いとして食事を提供することがほとんどですが、その費用の負担が大きい場合があります。

また、大きな祭壇でたくさんの人に囲まれて、派手な葬儀をすることが好ましくないと感じる人もいます。

場合によっては「死に顔を他人に見られたくない」という人もいるのです。

亡くなられた方が高齢者の一人暮らしで、遠くに住んでいた親族が葬儀を行うような場合も、参列者が多くないことが見込まれ、喪主と近所の人に面識がない場合なども、家族葬にすることがよくみられます。

いずれにしても、関係が濃い人も薄い人も同時にたくさんの人が来るのに対して、あいさつをし、香典を受け取ったり、お返しをしたり、食事の振る舞いをしたり・・・といったことがわずらわしいから家族葬にする、という場合が多いのではないでしょうか。

このような場合、「義理があるから」「お別れをしたいから」といって、家族の意向を無視して通夜にでかけることは、かなり迷惑であり、避けるべきでしょう。

場合によっては亡くなられた本人の意向に反している、ということも考えられます。

2.お別れをしたいときは

家族葬にする、と聞いたとき、ご遺体とまったく対面できないかというと、ケースバイケースといえます。

どうしても親しい間柄だったので一目会いたい、というような場合は通夜の前に一応尋ねてみてもいいでしょう。

それでも断られた場合は諦めるしかありません。

「落ち着いた頃にまたお線香をあげさせてください」あるいは「墓参をしたいのでお墓の場所が決まったら教えてください」などとお願いすることはできるかもしれません。

ただ、これも遺族の意向次第ですから、無理にお願いすることは避けましょう。

これも、生前から本人やご遺族とどのようなお付き合いをしていたかにかかってきます。

また、当然のことですが、単なる仕事だけのお付き合いなど、特に個人的に親しくない間柄なのに「会いたい」というのは大変失礼に当たると思います。

知人のなかには「自分は家族同然だ」という人もいるかもしれませんが、家族の受け止め方は違うと心得ておきましょう。

普段から行き来が多いような間柄であっても「何か手伝うことがあったら是非言ってください」など声を掛ける程度にとどめましょう。

3.香典・供花・弔電をどうするか

家族葬の場合、お香典や供花、弔電もお断りします、ということがあらかじめ伝えられることも多いのですが、そうでなくても一応意向を確かめてからにするほうが無難です。

供花や弔電は通夜の前に早めに聞いてみましょう。

ただ、これも、家族が疲れていて大変、というような場合は避けるほうが無難です。

供花の返礼など気を遣わせてしまうだけになってしまうからです。

お香典は通夜の前、あるいは後日、挨拶に伺い、持参することも出来ますが、例えば仕事関係の友人がばらばらに弔問に行くと家族の人はかえって大変な思いをすることになります。

「会社一同」「友人一同」など、とりまとめをして、代表者だけが伺うと良いでしょう。

また、経済的に香典返しが大変、ということが考えられる場合、「返礼は固く辞退します」という旨を伝えておくと良いのではないでしょうか。

家族葬の場合、あまりお金がかからないように思われますが、祭壇やご僧侶へのお布施、火葬の費用・・・などは通常の葬儀と変わらない部分が多くあります。

初めから香典は無しとしてしまうと、かえって困る場合もあるので注意が必要です。

家族葬には柔軟に対応する

葬儀も時代の流れに従って、従来のしきたりや習慣とは違ってきた部分が多いので、迷うことが多いのですが、基本的に葬儀の目的は「亡くなられた方の冥福を祈る」「遺族を助ける」ということにあります。

その目的を中心に考え、「これまではこうだったから」「この地域ではこうしてきたから」などと遺族に押し付けることがないようにすることが大切なのではないでしょうか。