家族葬では香典はどうしたら良いの?基本的に香典はなしでOK

家族葬では香典はどうしたら良いの?基本的に香典はなしでOK

会葬者の参列を断り、近親者だけで葬儀を行う「家族葬」。

葬儀社のホールなどできちんと祭壇をもうけ、読経などもしてもらうのですが、家族以外の人は参加できない形式です。

最近このような形で通夜・葬儀を行う人が増えてきました。

「家族葬で行います」という連絡を受けたとき、迷ってしまうのは「お香典をどうしたら良いのか」ということです。

1.基本的に家族葬の時は香典は控える

通常の葬儀ではなく、家族葬にする理由は色々ありますが「身内だけでお見送りをしたい」「お香典を頂いてお返しをするのがわずらわしい」といったことが考えられます。

故人の闘病に付き合ってきた家族がひどく疲れてしまっていたり、経済的に厳しい、といった理由で家族葬にする場合も多く見られます。

また、故人の意向として「身内以外のたくさんの人にきてもらうのは避けたい」ということが理由と言う場合も多々あります。

そのような場合、香典をお渡しすると参列を断ったことに対して遺族が罪悪感を覚えたり、お返しをしなくては・・・と考えてかえって手間がかかったり、といった迷惑をかけることになりかねません。

そのため、あらかじめ「家族葬にする」という連絡と同時に「お香典・供花・弔電は遠慮させていただきます」というお知らせもあることが多いのです。

このような場合はいくら「故人にお世話になっていたから・・・」「義理があるから・・・」などの理由があったとしても香典をお届けするのは避けましょう。

また、香典をお届けした際の応対すら辛い・・・というほど遺族が疲れきっているような場合も考えられるのです。

無理にお渡ししようとして、押し付けてしまうようなことはもってのほかです。

場合によりますが、葬儀が終わるまでそっとしておく、といった対応が望ましいでしょう。

2.香典をお渡しするとしたら

家族葬にする理由の中には故人の方針として「華美なことを避けたい」「知人に迷惑をかけたくない」という場合があります。

このようなときはお香典をお渡しするのは故人の意思に反することになり、絶対に香典をお渡しするのは避けたいものです。

お香典はもともと遺族の負担を軽くし、亡くなられた方への感謝を伝えるような意義を持っているものですが、本人や遺族の意向に反してしまってはこの意義に逆らうものとなってしまいます。

ただ、家族葬というのはあまり費用がかからないように思われがちですが、祭壇やご僧侶へのお布施、火葬に伴う様々な費用・手続き、など通常の葬儀と変わらない費用が発生する部分も多く、お香典が集まらない分、かえって遺族の負担が大きくなってしまうこともあるのです。

家族葬なら香典はまったくいらない、と考えるのではなく、ケースバイケースであるということも念頭に入れておきましょう。

例えば、会社関係の仲間でお香典をとりまとめ、代表者が後日持参をし、お返しは辞退します、とお伝えする・・・といったことはよく行われています。

このような時、故人を惜しむあまりに友人がそれぞれバラバラにお宅に伺って、お線香をあげさせてもらい、お香典を持って行く・・・といったことが遺族には大変負担になります。

これを避けるために本当は嫌だけれど会葬を行う、という人もいるくらいです。

何故家族葬にしたのか、という点を考えつつ、遺族の負担、ということを十分に考えて行動することが必要となるのではないでしょうか。

3.近親者の場合

家族葬であってもお香典をしっかり考えなくてはいけないのは、近親者の場合です。

前述したように家族葬であっても費用はかかるので、それを家族だけで全て負担することになります。

通夜ぶるまいや会葬御礼、香典返しなどの負担がない分全体の費用は少なくなりますが、それでも大体どのくらいの費用がかかるのか葬儀社への見積もりが出た時点で、喪主あるいはお葬式をしきっている親族にはっきりと聞いておきましょう。

その上でお香典の額を決めることが必要と言えるでしょう。

必ず相談をして、皆でどのくらい負担をするのか、きちんと決めておくことが後々のトラブルを解消するために大事なポイントです。

家族葬の場合は近親者以外はお香典はいらないことが基本

家族葬の場合、近親者以外は通夜・葬儀に参加しないため、亡くなった人を惜しむ気持ちやこれまでのお付き合いに対する感謝の気持ちをどう表していいのかわからない・・・という方もいることでしょう。

しかし、亡くなられた方本人の意向であえて家族葬にしたい、と考えるような場合、また、遺族の様々な事情があって家族葬にしたいというような場合があるのです。

虚礼を避けていきたい、という社会全体の流れもあってこのようなケースは今後も増えていくのではないかと思います。

従来の形式にとらわれず、何が故人や遺族のためになるのか・・・ということをよく考えて対応を考えるべきであり、お香典をお渡しするかどうかや、渡す場合もその方法について十分に考えることが大切なのではないでしょうか。