活性酸素とは何か。その性質と対処方法とは

活性酸素とは何か。その性質と対処方法とは

人間は、酸素がなければ生きていけません。

これは、誰にでもわかっています。

しかし、その副産物として生まれた活性酸素は、今や人類の敵のように言われています。

活性酸素が暴走して、病気や老化を引き起こさないように、活性酸素の性質や対処方法、

そもそも活性酸素とは何かを学んでおきましょう。

1.活性酸素とは

空気中の物質は、酸素と結びつくと酸化していきます。

わかりやすい例をあげると、果物を切ってそのままにしておくと、変色していくのがわかります。

特に、リンゴは切り口が茶色くなって、わかりやすいですね。

また、ネジやクギなどの金属も、酸素と結びついてサビが出てきます。

これが、酸化であります。

ところが、私たちの体にも、同じことが起きているのです。

私たちが、呼吸によって体内に取り入れた酸素も、一部が活性酸素に変化していきます。

何かの原因で活性酸素が増えすぎると、元気な細胞を攻撃して、傷つけてしまいます。

リンゴの変色や、ネジやクギのサビのように、細胞を酸化させて、病気や老化を引き起こすのが活性酸素です。

本来の役割と違って、厄介なものになってしまいました。

2.活性酸素の本来の役割

私たちは酸素によって、大きな恵みを受けています。

しかし、酸素は「両刃の剣」でもあったのです。

活性酸素は免疫に必要なものです。

白血球は、体内に入った細菌をやっつけるために、活性酸素を利用します。

このように活性酸素は、本来は体を守る役目がありました。

ですから、私たちは今まで、活性酸素は体に良いものだと思ってきました。

体内に侵入してきたカビやウィルスなど、体を脅かすものを殺菌して、細胞を守っていたのです。

決してマイナスだけのものではなく、生きていくのに不可欠であることも、意識しなければなりません。

ところが、何らかの原因によって、活性酸素が増えすぎてしまったのです。

そして、あらゆる病気の原因と言われるほどに、暴走してしまいました。

活性酸素の研究がすすんだ結果、活性酸素にも種類があり、害があることがわかったのです。

3.活性酸素が発生する原因

呼吸などで体内に入った酸素は、血液によって細胞まで運ばれ、生きるエネルギーに変わります。

その時に、使われた酸素の2%が、活性酸素に変わります。

細菌やウィルスなどが体に入った時に、体を守るためにも活性酸素が発生します。

また、野菜や果物にある残留農薬や食品の添加物、たばこのタールや化学薬品が体内に入った時に、活性酸素は発生します。

これらは人間が作り出したものであり、もともと自然の中にあったものではありません。

また大気中においても、紫外線や放射線の刺激や排ガス、汚染物質、廃棄物などと反応して、活性酸素が大量に発生しています。

激しい運動をした時や、運動不足、ストレスにおいても、活性酸素は体内で増え続けます。

4.活性酸素を除去するSOD酵素

増えすぎた活性酸素によって、私たちの体は大きく傷ついています。

その結果、数々の病気が引き起こされ、老化が早められているのです。

では、増えすぎた活性酸素は、どのように取り除けば良いのでしょうか。

実は、私たちの体には、活性酸素を除去する物質が備わっています。

それが、抗酸化物質と呼ばれる「SOD酵素」です。

SOD酵素とは、「活性酸素を除去する酵素」という意味をもっています。

この酵素は、本来私たちの体の中に存在しており、活性酸素から細胞を守ってくれます。

もともと体内に準備された、抗酸化成分であります。

しかしこの酵素は、年齢とともに減少してしまいます。

作られる量も減り、力も弱くなるので、高齢の方ほど対策が急がれます。

食事や生活習慣に気をつけて、活性酸素を除去していきましょう。

5.抗酸化物質

SOD酵素を体内で作るには、「亜鉛」や「セレン」というミネラルが必要です。

亜鉛は、肉や魚、穀物などに多く含まれています。

特に「かき」なら、2粒で一日分を取ることができるほどです。

セレンは、魚介類、動物の内臓、卵などに多く含まれています。

亜鉛やセレンは、微量ミネラルと呼ばれ、微量であっても欠かすことができないものとして、現在注目されています。

バランスよく摂取して、取りすぎには注意しましょう。

また、「ポリフェノール」は、植物が持つ抗酸化物質です。

植物の力であるポリフェノールも、体の酸化を防いでくれます。

ミネラルとともに、ポリフェノールも摂取しましょう。

ポリフェノールは、苦みや渋みがあったり、色の濃い野菜や果物に、多く含まれています。

熱に強く壊れにくいのも、嬉しい特徴ですね。

食品とともに緑茶、コーヒー、紅茶、ウーロン茶など、ドリンクで摂るのもオススメです。

また、ビタミンC、A、Eなどのビタミン類も、体の酸化を防いでくれます。

サプリメントや水素水、還元水など多くのものが、活性酸素の除去に注目されています。

活性酸素について知ろう

本来なら、体を守るはずの活性酸素でしたが、自然界にはない有害なものの発生やストレスによって、増え続けてしまいました。

そして、人類を脅かす存在にまでなってしまいました。

しかし、私たちは知恵や科学を使い、活性酸素の性質や対処法をよく意識して、活性酸素の暴走を止めていきましょう。

歳を重ねても、病気に負けない明るい毎日を送りたいものです。