会社の退職時期のベストは順調な時!ベストタイミングで退職しよう

会社の退職時期のベストは順調な時!ベストタイミングで退職しよう

退職するのは簡単なようで簡単ではありません。

自分だけ会社を去るのならいざ知らず、お世話になった会社、上司、使ってきた部下に対していろいろな角度から考える必要があるので、なかなか難しいものです。

1人の社会人として上手に退職するのは難しいですが、本気ならば計画的に時間をかけて退職のタイミングを計るようにしましょう。

今回は、退職後に再就職させる方のことも含めて、ベストな会社を退職する時期についてご紹介します。

1.仕事が順調な時こそ退職時期のベストタイミング

退職は一時のはやる気持ちでするべきものではありません。

会社側には急に思われても、自分自身は何年も前から周到に準備した退職でなければなりません。

自分に適した仕事を探し、人生90年時代を見据えて病気せず、経済的にも成り立ってゆく退職でありたいものです。

退職を会社に伝える時は、仕事が人が納得するほど順調に進んでいる時がグッドタイミングです。

仕事が順調な時こそ、会社に引きとめられ、惜しまれて会社を去ることができます。

充実感を持って退職し、次のステップに進むことができます。

これが反対の場合だったらどうでしょう。

退職のタイミングを間違ったと悔やむことになります。

極端に言えば、仕事ができないので会社に居られなくなり退職したと思われます。

過去に栄光に包まれた時期があっても、退職するタイミングによって随分と評価に差がつきますから注意しましょう。

2.経済力と相談するのが大切

仕事が嫌だ、会社を辞めたいなど思っても、行動する裏付けがなくてはなりません。

うさぎに角、明日の食費もないの退職する人はいないでしょう。

退職後の見通しがあやふやなままで、何とかなるのではないかと思って退職するのタイミングはワーストです。

見通しが立つまで今の会社に留まって仕事をするべきでしょう。

一度退職すると心の中で決めると、なかなか建て直すのは難しいものです。

しかしここは歯を食いしばって、今の会社で自分自身のために、家族のために性根を入れて仕事をするべきでしょう。

この時代ですから退職はしたが、仕事は派遣しかないとなれば経済が立ち行かなくなります。

酷な言い方ですが、経済力の裏付けなく退職することは勧められません。

しっかりした経済力、間違いない転職先などを確保したうえで行動することができる時が、ベストな退職時期です。

3.感情がこじれて退職するのは時期としてベストでない

少なからずとも長い間世話になった会社を去るにあたっては円満退社しましょう。

中途で退職するケースでは感情のこじれが原因の場合が多いです。

人と人が切磋琢磨して働くのが職場ですから、問題が起きます。

問題は起きて当たり前で、問題を明日に持ち越さない形で解決するのがベストです。

使う側も使われる側も感情問題に発展させずに、問題を解決することが必要です。

感情がこじれて損をするのは退職する人自身です。

退職する場合は、少なくとも3年以内の感情問題は解決しておきましよう。

仕事の問題もなく、感情の問題もなく、身辺をすっきりして退職するのがベストです。

またしこりを残したまま退職すると、次の仕事を探すにあたっても上手く働くぞと言う気力に結びつかなくなってしまいます。

問題は自分自身にとって一層複雑になりますから、感情問題をすっきりさせて退職するようにしましょう。

4.賞与と退職金を貰って退職する

切がいいので冬の賞与と退職金をもらって退職する人が沢山います。

この方法は間違った方法ではありません。

咎められることもありません。

傾向としては若い退職者に多いようです。

中高年の方もないことはないですが、ごく少数派です。

なぜ賞与即退職金の方法を取らないのかと言えば、やはり同僚たちから器量のない男と思われるのを恐れるからでしよう。

会社によっては賞与に高い配分をしています。

例えば、賞与に年収の半分の比重の会社では、賞与即退職も許されるでしょう。

しかし公務員的な賞与配分の会社なら3月とか、9月或いは誕生日を待って円満退社するのがオススメできる考え方です。

ヘッドハンティングの人なら、行く先でもっと厚遇してくれるでしょうから、相手の都合を優先して退職すべきです。

賞与即退職は小さい問題でもありますが、この事実を残った同僚たちはいつまでも覚えているものです。

自分の評価への影響との兼ね合いを見て、退職時期を決めましょう。

自分にベストな会社の退職時期を見つけよう

退職することは難しいことです。

成功するには心の整理も含め周到な準備が必要です。

決して思いつきの退職はしないことがここでの考えです。

もう一つ大事なことがあります。

それは退職者自身の健康と奥さんの理解です。

何もかも退職に向けて順調であっても、この2点のいずれでも欠けたら退職は思いとどまったほうがベストのチョイスになるのではないでしょうか。

健康あっての仕事、家族あっての仕事だからです。

自己満足で選択すると、思わぬ落とし穴に落ちる可能性があります。