振り込め詐欺にひっかからないための対策まとめ【連絡、合言葉、相談など】

振り込め詐欺にひっかからないための対策まとめ【連絡、合言葉、相談など】

年々被害が増加している振り込め詐欺ですが、騙しのテクニックも上がっているので、嘘か本当か見分けがつかない手口が多くなってきています。

振り込め詐欺の被害にあわないようにするには、どのような対策をすれば良いのでしょうか。

1.普段から家族と連絡を頻繁にしておく

振り込め詐欺の電話があった時には、相手は自分の名前を名乗ることがありません。

息子を装って電話をしているので、息子の名前を知らないからです。

また電話が掛かってきた時には違う番号で掛かってきますし、電話番号を変えたからといって登録をしてもらうように促します。

大抵の手口は知らない番号から掛かってきて、相手は自分の名前を言わないことがほとんどです。

そこに自分から息子の名前を伝えて話しが進んでしまいますし、普段から連絡をとっていなければ相手が自分の息子か判断をするのが難しくなります。

風邪をひいているから声が変わったと言われればそれまでですし、信じるしかありません。

こういった初歩的な詐欺に引っ掛からないようにする為にも、普段から家族との連絡を密にとっていれば、おかしいなと気づける確立が高くなります。

2.合言葉を決めておく

普段から詐欺被害に遭わないためにも、合言葉を決めておくのはとても有効な手段です。

何も大げさな合言葉を決めることはなく、自分と家族しか分らない決め事を作っておけば良いだけです。

電話をする時には、必ず名前を名乗ることやペットの名前を言うことなど決め事を話し合っておきます。

そうすることによって詐欺の電話が掛かってきた時に、合言葉を言わなければおかしいと気づくことができます。

また少しおかしいなと思ったときには、遠慮せずになにげない会話の中で昔にあった出来事を必ず話をすると決めておきます。

家族にしか分らない出来事を話すことによって、詐欺かどうかが見破ることができるのです。

これも普段からよく連絡をとっておけばすぐに気づくことができますし、連絡をとっていなくても昔の思いでは家族だけしか知りませんからとても有効な手段となります。

3.振り込む前に本人に家族に連絡をする

もし振り込め詐欺に黙られたとしても、本人は騙されているという自覚がないので簡単に振り込んでしまいます。

切羽詰った状況を演出し、今日中に振り込まなければならないなど、相手に考える時間を与えないのが手段のひとつです。

ですから後でじっくり考えてみると簡単に詐欺の手口だと分っていても、その時には気が動転していて自分が被害に遭っているとは思いもよりません。

振込みをする時には必ず家族や親戚に電話をする約束事を決めておきます。

振込みをする金額は安いものでもないので、そのくらいの相談をしても恥ずかしくはありませんし、確認をするくらい当たり前だと思ってください。

電話の相手は切羽詰った様子で電話を掛けてきますが、何百万円も今日中に送金してくれとは普通は言いませんし、簡単に送っても良い金額ではありません。

事前に振込みをする時に、家族や親戚などに連絡をしてから振込みをするという決め事を作っておくことは、とても有効な方法です。

4.一旦電話を切る

振り込め詐欺の電話は切羽詰った様子で電話をしてきて、すぐに振り込んでくれという内容がほとんどです。

ですから自分も時間が迫ってくるとだんだん焦ってくるので、気が動転して正しい判断をすることができなくなってしまいます。

落ち着かせる方法としては、その時の電話を一旦切ってから掛け直すという方法です。

よく電話番号を変更したから登録をしておいてといって、自分の息子の電話番号を消させてからその番号が息子の番号だと思わせる手口があります。

一旦電話を切った後には、前から知っている電話番号に確認の電話を入れてみてください。

仕事中や休みの日であろうと、相手は切羽詰った状況で電話をしてきているので、こちらから電話をしても差し障りは無いはずです。

その時に自分の子供が出たら振込みの確認をすれば、詐欺に遭っているのだと気づきます。

振込みの電話があった時には、一旦落ち着いて冷静になってから確認をするようにしましょう。

5.警察や銀行員に相談をする

電話があった時には何かおかしいと思いながらも、息子が困っているから急がなければと思ってしまいます。

気が動転しているために自分が詐欺に遭っているかも分らない状況なので、誰かに相談することが望ましいです。

大体の人h自分が詐欺に遭っているとは思っていないので、自分から相談するのは難しいですから、振込みをする時に自分一人で振込みができても、銀行員にやり方や経緯を説明して手伝ってもらいます。

冷静な人がその話を聞けばおかしいと思えるので、詐欺の被害に遭う確立は少なくなります。

また自分で少しでもおかしいと思ったら警察に連絡を入れます。

何でもなければ恥ずかしいと思わずに、警察ならばしっかりと話を聞いてくれますし、アドバイスをしてもらえます。

振込先も全く知らない場所に振込みをするはずなので、事前にそういった状況になったら、迷わずに警察に相談するように心がけておくことが大切です。

振り込め詐欺対策を身近な人と一緒に考えておこう

年々振り込め詐欺の被害が増加をしていますし、手口も巧妙化しているので、被害者は自分が振り込め詐欺の被害に遭っているとは思いもよりません。

冷静な判断ができれば簡単に見破れる詐欺手口でも、気が動転していたりすれば相手を信じ込んでしまいます。

家族との連絡を普段からとっておくことも大切ですし、被害に遭わないために決め事を作っておくこともとても有効な手段となるので、詐欺被害に遭わないためにも事前に対策をしておきましょう。