ほうれい線や顔のたるみを改善する方法5つ

ほうれい線や顔のたるみを改善する方法5つ

「老け顔」の象徴と言えば、ほうれい線ではないでしょうか。

ほうれい線とは、顔のたるみによってできる溝のことでもあります。

そこで、ほうれい線の改善にも繋がるたるみ防止の対策を原因別にご紹介します。

1.顔のマッサージ

筋肉が凝り固まると、血流やリンパの流れが滞ります。

その結果、肌は張りを失い、やがてたるみ始めます。

顔のマッサージで、たまった疲れを解消しましょう。

まず、両手を軽く握ります。

すると、親指以外の4本の指が並び、第1関節と第2関節の間がひとつの面になります。

その両手の面を額のてっぺんにあて、小さな円を描くように、くるくるマッサージしてください。

右手は右側、左手は左側にずらしながら、髪の生え際に沿うように、こめかみに向かってマッサージします。

同様に、額の中央からこめかみ、さらに眉間から眉骨の上に沿ってこめかみへとほぐしていきます。

同じやり方で、小鼻の脇から、頬骨の下を通って、耳の付け根に向かいマッサージします。

最後に、顎先から口角の横を通り、耳の付け根に向かってほぐします。

肌を摩擦しないよう、手の位置をずらすときは、いったん顔から離してください。

力を入れず、優しく行うのがコツです。

2.頭皮のマッサージ

顔と頭は1枚の皮膚でつながっています。

頭皮がたるむと、そのたるみは下へ下へと進み、顔のたるみを助長します。

ですので、お風呂でのシャンプーついでに、頭皮マッサージで頭の凝りも解消しましょう。

頭皮マッサージは「下から上に」が基本です。

髪の生え際から頭頂部へと、両手の指の腹で揉み上げていきます。

リンパの滞りやすい耳の後ろは、特に念入りに行ってください。

頭全体がほぐれたら、仕上げに「百会(ひゃくえ)のツボ」を刺激します。

場所は頭頂部の真ん中です。

このツボには、疲労や頭痛を回復する効果があると言われています。

指で軽く5回ほど押してください。

シャワーでじんわり温めるのも良いでしょう。

3.姿勢を正す

猫背になると首が前に傾きます。

その結果、頭の重さが全身にうまく分散されず、首への負担が増大します。

当然首はガチガチに凝ってしまい、頭部全体への血流やリンパの流れが悪くなり、顔がたるみやすくなります。

加えて、首が前傾すると、自然に顎が引けない状態になるので、その部分の筋肉がうまく使われず、だんだん二重顎になっていきます。

そこで、普段から姿勢を正すことを心がけてください。

良い姿勢というと「まっすぐした背筋」を想像しがちですが、無理に背中を伸ばし続けていると、腰痛の原因になることもあります。

そこでまずは全身の力を抜き、天井から頭をまっすぐ引っ張られているイメージで、そのまま顎と肩を軽く引いてください。

これだけでだいぶ姿勢が改善されます。

4.頬杖や噛み癖を直す

いつも決まった側の腕で頬杖をつく、あるいは食事の際に左右どちらかの歯だけで噛んでしまう、といった癖があると、顔の一定部分に圧力がかかり続けるため、次第に顔の歪みが生じます。

そうなると、筋肉のバランスが悪くなり、顔の片方にだけたるみやほうれい線が現れやすくなります。

頬の丸みやほうれい線の深さが左右で違っていたり、両目の高さがずれていたりする場合は要注意です。

顎の歪みは歯の健康などにも悪影響を及ぼします。

単純な対策ですが、「頬杖をつかない」、「両方の歯で噛む」といった注意点を紙に書き、目に入りやすい場所に置いてください。

一番癖が出やすい場所や時間帯だけでかまいません。

紙の大きさもメモ用紙程度で結構です。

焦らず、ちょっとずつ意識できるようになることが大切です。

それでもストレスに感じてしまうときは、「左右対称の顔が美人の条件」ということを心に留めておくだけでも効果的です。

5.顔の筋肉を鍛える

年齢とともに全身の筋肉は衰えやすくなります。

顔の筋肉も例外ではありません。

放っておくと、たるみやほうれい線が増えるばかりです。

とくに女性は、卵巣機能の低下が始まる30代後半から、肌がたるみやすくなります。

女性ホルモンに美肌を保つ役割があるからです。

幸い、筋肉の場合は何歳からでも鍛えられるので、対策をとることは可能です。

鍛えると言っても、要するに顔の筋肉をより多く動かすということです。

そのために取り入れたいのが、早口言葉です。

「赤巻紙、青巻紙、黄巻紙」、「東京特許許可局」など定番の早口言葉はもちろん、「きゃりーぱみゅぱみゅ」や「骨粗しょう症」など、ご自身が言いづらいと感じる言葉を、繰り返し練習してみてください。

言いづらいということは、普段と違う筋肉の動かし方をしているということです。

はっきり発音することが重要なので、慌て過ぎて言葉が流れないように注意してください。

楽しくほうれい線やたるみを改善しよう

以上のように、顔のたるみには様々な原因があり、それぞれ異なる対策が必要です。

しかも、一度たるんだ肌は、なかなか元に戻りません。

どうぞ地道に、楽しみながら、たるみの改善に挑戦してください。

たるみが改善されれば、ほうれい線の悩みも解消されていくでしょう。