補聴器の価格相場はどの位?補聴器の値段まとめ

補聴器の価格相場はどの位?補聴器の値段まとめ

高齢になって聞こえにくさの問題を抱えるようになったら、補聴器を使うのがオススメです。

補聴器の価格がどの位なのかを把握して検討してみると良いでしょう。

そこで今回は補聴器の価格相場をご紹介します。

1.耳穴型補聴器の相場は10~40万円

使用する人が見た目を気にして補聴器をつけたがらないとか、手先が器用で細かい操作ができるという場合に適しているのが耳穴型補聴器です。

インナーイヤーで耳穴にすっぽり収まってしまうので、見た目に補聴器をつけていることがわかりません。

ただし、形によっては指で押し込む時に、ボリュームなどのボタンを押すこともあり、手先の器用さがないと使っていて不便に感じるかもしれません。

補聴器自体も小さなものなので、年齢とともに扱いにくくなるデメリットがあります。

電池も小さいので、交換時は電池を落とす人が多くなります。

デジタル補聴器でも、安ければ片耳10万円台で購入できますし、コンパクトなサイズで耳穴の形に合わせたオーダーメイドを希望するなら片耳40万円程度となります。

2.耳かけタイプの相場は8~40万円

耳穴型補聴器は扱いにくいという人にオススメなのが耳かけタイプの補聴器です。

ボリュームなどのメモリも調整もしやすいサイズなので、比較的人気のある補聴器のタイプだと言えます。

ベーシックなタイプはいかにも補聴器という見た目ではありますが、価格が片耳で8万円くらいに抑えられています。

少しずつ性能が上がっていくとデザイン性も高くなり、集音・ハウリング抑制の機能も高くなります。

機能が多くなっていると価格も上がるので、片耳40万円を超える補聴器もあります。

目立ちにくいサイズの耳かけタイプ補聴器もありますが、基本的にコンパクトになるほど価格が高くなると思って良いでしょう。

3.ポケット型補聴器の相場は4~8万円

胸ポケットなどに補聴器をいれて、イヤホンとつなぐタイプの補聴器です。

ポケットに入るくらいの大きさなので、本体の操作がしやすい特徴を持っています。

集音範囲はあまり広くはありませんが、聞きたいものに補聴器を近づけて聞きやすくする使い方もできます。

アナログのシンプルな補聴器なら3万円台でも探せますが、最低限の機能は欲しいと思ったら4~8万円台から選んだほうが良いでしょう。

ボリューム調整などの操作も簡単ですし、一般的な電池が使用できるので交換もしやすい補聴器です。

ただし、補聴器をつけているのを知られたくない人にはオススメできない仕組みになっています。

また、ポケットのない服を着ることが多い人なら、補聴器を入れる場所を探すのが難しいでしょう。

4.めがね型補聴器の相場は30万円

めがね型補聴器はそのままめがねの形をしていますので、補聴器をしていることには気がつかれませんが、めがねの形がスタイリッシュとはいえないデメリットがあります。

イヤホンから音を集めて、耳の後ろに振動を伝えることで耳に音が届く仕組みになっています。

この仕組みから、両耳タイプの補聴器として使用できます。

耳の中にイヤホンを入れないので、圧迫感や違和感がないのはメリットでしょう。

耳に受話器を当てても補聴器がぶつかることはありません。

めがね型補聴器は30万円程度で購入できます。

同じ仕組みを採用している補聴器にカチューシャ型もあって、それは18万円くらいの価格です。

5.ランニングコストも重要な要素

補聴器は電池で動くものがほとんどなので、交換する電池の価格も注目しましょう。

電池の稼働期間、電池1つの値段など、長期間使うほど後になってかかるランニングコストが負担になることもあるのです。

また、部分的に破損して修理をしたいときもサポートが無料なのか、保証期間は何年なのか、交換部品が高額なのかなどを確認した方が良いです。

最寄りに直営店や取扱店があれば修理やメンテナンスも受けやすいですが、工場などへ送って修理依頼をする場合、送料や使用できない日数なども気になるでしょう。

また、補聴器は毎日身につけて使用するものなので、汗や湿気、汚れに強い加工をしているかどうかでも値段が違います。

汚れなどに強い材質の補聴器を少し高い価格で購入して長期間使用するのか、そういった材質ではない補聴器を安く購入して短期間で何度か買い換えするのかなど、長期的な計画で考える必要があります。

電池の他に、イヤホンコードやイヤホン、耳かけタイプのフック部分などは交換可能で部品の販売もしています。

補聴器の価格相場を知ろう

種類によって価格が異なりますし、同じ種類でも材質や機能で値段が大きく変わります。

人によって補聴器の使いやすさも違うので、実際に触ってから選んだ方が失敗しないと思います。

高齢者の補聴器を選ぶ場合は、聞こえていなくても聞こえるといってしまう場合がありますので、その点には注意が必要です。