墓じまいをする方法6つ。墓じまいの仕方を知っておこう

墓じまいをする方法6つ。墓じまいの仕方を知っておこう

昨今、お墓のあり方も家庭の事情で様々な考え方があります。

先祖代々のお墓を継承者がいないという理由や、お墓のある場所が遠方で、終の棲家と決めた場所の近くでお墓を購入したという理由で墓じまいをする人もいます。

そこで今回は、墓じまいをする方法をご紹介します。

1.ご親族への連絡

お墓の持ち主様が墓じまいを考えた時に、他にご親族様がおいでの場合はやはりご連絡が必要です。

何故墓じまいをするかをお墓で眠っている方の血縁関係にもよりますが、近いご親族には説明された方が後々面倒な事になりませんので、忘れずにご連絡をして下さい。

2.お墓じまいを管轄場所へ申し出る

ご親族へのご連絡後や特にご相談する親族がいない場合などは、お墓を管理されている場所へお墓じまいを申し入れて下さい。

お寺でしたら住職へ霊園でしたら管理事務所で手続きの申込みをします。

ご費用などはお墓のある場所やお寺、霊園などまちまちですが、その際に見積もりなどをいただいておくと良いでしょう。

3.お墓じまいにかかる費用

お墓にはご遺骨が埋葬されている場合にはお墓の石に魂が入っています。

どなたも埋葬されていなければ魂は入っていないのですが、初めてお墓にご遺骨を埋葬される時には、お経で開眼供養といい、お墓の石に魂を入れるお経が読まれます。

逆に、お骨を出す時には閉眼供養と言い、お墓の石から魂を抜くお経が読まれます。

お経料としては3万~5万くらいをみておきましょう。

墓じまいの順序は、お骨がある場合は、お骨を出す時の供養をした後にお墓を撤去するという順です。

お墓を撤去する際も費用がかかりますので、全てお墓の持ち主様の負担となります。

費用はこれも一概にいえないませんので、お墓の管轄場所へ申し出た際に必ず撤去費用の見積もりはもらうようにします。

4.お墓じまいをしても返金はない

お墓の土地は永代使用権と言い、継承しながら永代に渡りお墓を使用できる権利を買っているものなので、土地を購入している訳ではありません。

ですからお墓じまいをする場合は永代使用権を放棄するという事なので、返金されるという事はまずありません。

たとえ、お墓に埋葬されている方がいなくても、一度お墓を建てた場合にはお墓の撤去費用がかかります。

埋葬されている方がいない場合には閉眼供養などは必要ありません。

5.改葬する場合

現在お持ちのお墓を無くして、新たにお墓を購入した場合やご遺骨をお寺の永代供養墓や合同墓へ移される場合などケースは色々あります。

しかし同じお寺から墓じまいをして合同墓などにお骨を移す場合には必要はありませんが、全く違う土地へとご遺骨を移される場合には新たに手続きが必要となります。

現在あるお墓のある市区町村へ改葬許可証をもらわなくては、新しい場所への納骨は出来ません。

まず、改葬許可申請書を役所からいただき、記入した後に許可証が発行される順番となりますが、改葬許可申請書は市などのホームページよりダウンロードが出来る場合も多くあります。

ですが、出来ない場合は直接取りにいくか遠方ならば郵送してもらう方法になりますので、時間がかかります。

改葬許可申請書の記入内容は故人の名前や死亡した日にちなどがあり、一番重要なのはお墓じまいを考えている場所の責任者の住所と印鑑が必要となることです。

ですので、お寺の場合は住職へ霊園などの場合は管理事務所で記入してもらいます。

こちらも遠方ならば郵送でのやりとりとなります。

先祖代々のご遺骨で死亡日などがわからない場合は、不明と記入しても大丈夫です。

記入が終わりましたら、申請書をもらった役所へ提出し、不備がなければ、改葬許可証は発行されます。

6.今後お墓をどうするか事前に決めておく

お墓じまいには、だいだい撤去費用と閉眼供養、同じお寺への合同墓に入る場合などは、それに加えて新たに埋葬する時の永代供養料などがかかります。

いずれにしても墓じまいは決して簡単ではありませんし、ご費用の負担も考えなくてはいけません。

お墓じまいをするという事はご自分たちが入るであろうと思っていたお墓を無くすという事ですので、今後ご自分たちはどうされるのかはお墓じまいをする前には決めておかなくてはいけません。

樹木葬にするのか、海での散骨を望むのか、永代供養として合同墓へ埋葬を希望するのかはお元気なうちに考えて手続きを進めておく事がベストです。

墓じまいは霊園の責任者と一緒に進める方法がベスト

お墓じまいを考えている方は色々な理由からそこに至っていますので、決して悪い事ではありません。

むしろ墓じまいを考えているお墓の持ち主の方は苦渋の決断の時もあります。

しかし、新規でお墓を購入する時と比べれば、やはり手間や時間もかかり、費用も思いの他かかる場合もあります。

それでもお墓じまいを決断された時には、順序を追って計画的に段階を踏んでいかれる事が望ましいので、まず管轄のお墓の責任者の方へご相談しながらお話しを進めていかれる事をお薦めします。