墓がいらないという人の理由5つ。なぜ墓がいらないゼロ死が増えているのか

墓がいらないという人の理由5つ。なぜ墓がいらないゼロ死が増えているのか

今、亡くなってもお葬式を上げない、お墓も持たないという「ゼロ死」が流行りつつあります。

何故人はこの「ゼロ死」を選ぶようになってきたのでしょうか?

お墓がいらない理由は何なのでしょうか?

1.経済的負担を減らしたい

人が一人亡くなると、お葬式とお墓にかかるお金として平均400万円から500万円と言われています。

このお金を用意して亡くなる人も多いでしょうが、そんな大金を命を亡くした自分の供養の為に使ってしまうよりは、子供や孫などに残したいと考える人が多くなってきているのです。

また、お墓は一度購入すればそれで終わりではなく、お墓を設けたら遺族は定期的にお墓参りに行かなくてはなりません。

長い将来遺族がそのお墓のすぐ傍に住み続けているとは限りません。

遠方に住むようになれば、年に1、2回はるばる交通費を捻出してお墓参りに訪れなくていけなくなり、この交通費もそう馬鹿にはならないと考えてしまうのです。

そこで子孫が自分の近くにお墓を移動するとなると、その手続きも煩わしいものですし、費用もかさみます。

その他にも、お墓や仏壇を設けると、定期的に法事を行う必要も出て来ます。

法事ではお坊さんへのお布施を用意したり、法事の後の会食費、法事に出席した方への引き出物費用とまとまったお金が必要になってくるので、その経済的負担も減らしてあげたいと思われるのでしょう。

2.精神的負担を減らしたい

お墓を守っていくのは経済的負担だけではありません。

「せめて年に1回でもお墓参りに行かなくては…」と思うのは、子育て世代の人にとってはそれなりの精神的負担になります。

それこそすぐ近くにお墓があればまだしも、飛行機や新幹線などの交通手段を使わないと行けない場所にあれば、仕事のやりくりを考えたり、子供の予定を調整したりと精神的に負担になるのは目に見えています。

今の時代は長男長女が多い時代です。

そうなると、昔のように長男が跡取りとなり家やお墓を継ぐというのも難しくなります。

あまりにも「家を継がなくては」「お墓を守っていかなければ」という思いが強過ぎると、結婚の縁が遠のく可能性だってあり得るのです。

親として、そのような負担を子供や孫に背負わせなくないと考える人がいるのは当然なのかもしれません。

3.無縁墓になる可能性を避けたい

無縁墓という言葉も最近よく耳にする言葉です。

無縁墓とは、お墓を守ってくれる遺族などがいなくなり、長年放置されっぱなしになるお墓の事です。

自分が亡くなった時点ではお墓を守ってくれるであろう子供がいたとしても、その次の世代、又次の世代までお墓を守り続けてくれるであろう子孫が繁栄するとは限らない時代になっていっているのです。

年々晩婚化、未婚化が進む中、途切れる事なく子孫が続いていくとは限りません。

子孫は続いたとしても、少子化から跡取り(墓守)を残していけるとは限らないのです。

また、子孫が続いていったとしても、その子孫が近くに住み続けるとは限らず、遠方からでもはるばる墓参りに来ようといった意識が未来永劫続くとも限らないのです。

4.先祖信仰の変化

昔は、お盆やお彼岸には先祖供養をする、年に数回はお墓参りに行く、長男の家には代々仏壇が祭られ、毎日お水を変えたりご飯を供えるといった先祖信仰がありましたが、最近では先祖信仰そのものが薄くなってきているのも事実です。

今の中高年の方たちでさえ、少しずつ先祖信仰が薄くなりつつある中で、その子供、孫の代になると、更に先祖信仰が衰えていくであろう不安を感じる方が多いのではないでしょうか?

そのように、先祖を供養するといった信仰が無い中でお墓を維持していくというのは、かなり難しい事だと考えるのでしょう。

5.親類同士の疎遠化

子供や孫との関係は良好でも、親類全般ともなるとそうでもないという方が出て来ると思われます。

取り立てて不仲とまではいかなくても、就職や結婚を機に疎遠になってしまいほとんど連絡も取ってこなかった、という間柄の親類が多数いたりする場合もあるでしょう。

お墓や仏壇を設けると、法事などの際に親類に連絡を取る必要が出て来ます。

その連絡が煩わしいと感じてしまう可能性があるのです。

そもそも連絡先が分からない場合だってあるかもしれません。

これは時代と共に人間関係が希薄になってきたという事でしょう。

同じような理由から、法事の際にお経を読んで貰うお坊さんとの連絡が煩わしい、お布施の金額に納得がいかないといったような人間関係のわだかまりも垣間見える時代になってきているのです。

お墓がいらない色々な理由

お墓を設ける事で子供や孫の負担になるのでは、最終的には無縁墓になり社会に迷惑をかけるのでは、など様々なマイナス要因からお墓を設けない人が増えてきているのでしょう。

ですが、子供や孫の為と思いお墓を設けない事で、かえって遺族の心のやり場を奪う事にもなり兼ねないという側面がある事もまた真実なのではないでしょうか?

お墓や仏壇は亡くなった人と向き合える唯一の拠り所でもあるのです。