グループホームにかかる費用まとめ。初期費用から月々の料金まで

グループホームにかかる費用まとめ。初期費用から月々の料金まで

高齢になってくると、介護が必要となった時にどのような施設が利用できるのか気になってきますが、その選択肢の中に「グループホーム」があります。

しかし、利用するとなると、どのくらいの費用が必要なのか気になりますよね。

そこで今回は、都心部の方が費用が高い傾向にありますが、一般的な相場として考えられるグループホームの費用をまとめました。

1.グループホームにおける月々の基本的な費用

施設によって異なりますが、7万円~20万円程度が相場です。

ただし、月々の費用が地域の相場よりも安い施設は、生活保護の方でも入居できるように役所に手続していることが多いので、一般の方よりも生活保護の方が優先して入居できるようになっています。

詳しくは、施設に一度確認することをオススメします。

月々の費用の内訳としては、多くの場合「介護料」、「家賃」、「光熱費」、「食費」、「雑費」となっています。

なお、月々の費用は介護度に比例して高くなる仕組みになっています。

「食費」はだいたい3万円~5万円程度、雑費は1万円~4万円程度で計算している施設が多いです。

ちなみに「雑費」に該当する費用の例としては、洗剤類やティッシュ、トイレットペーパーといった生活必需品をグループホーム側で準備するための費用です。

2.月々の費用に加算されるもの

施設の体制によって、様々な加算請求があります。

多いのは、「医療連携体制加算」と「サービス提供体制加算」です。

まず、1つ目の「医療連携体制加算」とは、内科や外科、歯科といった病院とグループホームが連携し、普段の些細なことでも病院に報告するとともに、もし何かあった時(24時間、365日)には、速やかに病院の先生がグループホームに来て対処しますというものです。

現在かかりつけの病院とグループホームの連携している病院が違う場合は、よほどの理由がない限りは、グループホームが連携している病院にした方が、細かいところまで対処してもらえるので何かと便利でしょう。

なお、かかりつけの病院を変更しない場合はこの加算請求はありません。

ただし施設側が積極的に病院側と情報の共有を行わないので、家族が通院介助をしたり、情報の共有の橋渡し役をすることになる場合がありますので、注意してください。

2つ目の「サービス提供体制加算」はわかりやすく言うと、「介護する職員さんのレベルが高い施設ですよ」という内容になります。

その施設に勤続3年以上の介護職員さんが施設に一定以上の人数がいること、介護の資格でも難しい「介護福祉士」という国家資格を持った介護職員さんが一定以上の人数いることが、加算できる条件となっています。

この他の加算としては、入居してから30日間だけ加算できる「初期加算」、65歳未満の人がグループホームに入所した時に加算できる「若年性認知症利用者受入加算」、備えつけではない家電品(テレビなど)を持ち込んだ場合の電気代としての加算があります。

「初期加算」が請求される理由は、認知症の人にとって環境が変わることは大きなストレスになり、様々な問題が起きやすいので、施設に慣れるまでの間は手厚い介護を行うためです。

3.グループホーム入居時に最初に必要となる費用

ほとんどの施設が「保証金」または「入居一時金」という名称で、最初にだいたい30万円~150万円のお金が必要になります。

この費用も、施設によって異なります。

この初期費用、一般のアパートなどを借りるときに必要な「敷金」と同じ考え方の施設が多く、退去時の部屋のクリーニングや修繕費に充てられ、残ったお金は後日返済されます。

しかし退去時の部屋の状況がひどくて修繕費がかかった場合は、逆に請求されることになります。

また、施設利用料を延滞した場合にも、1ケ月分くらいなら「入居一時金」を充ててくれる施設もあります。

ただし、生活保護の方も入居できる施設は、「入居一時金」がありません。

理由は、「入居一時金」が払える人は、生活保護の対象にならないためです。

4.その他グループホームで必要な費用

医療費やお小遣いは別途必要となります。

ご家庭によっては「お小遣いはいらない」と考える方もいますが、外出などのイベントがあった時やレクリエーションの費用がお小遣いから出金されるケースが多くなります。

そのためこの場合はイベントやレクリエーションに参加できずに惨めな思いをさせることになります。

また、おむつ類も別途請求されますが、こちらに関しては持ち込みが可能としている施設が多いので、施設が提案する料金よりも安いお店があれば、そちらで家族の方が準備しても構いません。

行きたいグループホームの費用を調べよう

このように、グループホームを利用して老後を過ごすためには、年間90万円~250万円という、大きなお金が必要になります。

しかし、認知症を患ってしまった時には他の施設よりも小規模なので、安心して暮らすことができます。

将来の安心の為にも、住んでいる地域にはそのような施設があるのか、その施設の評判や料金はどのくらいなのか、事前に調べておくことをオススメします。