グループホームとはどんな所。そのサービス内容とは

グループホームとはどんな所。そのサービス内容とは

グループホームと言われると高齢の方が利用するという漠然としたイメージとして、

何となくは知っていても正確には把握されていない方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回はグループホームについての概要などをご紹介します。

1.グループホームとは?

グループホームとは、認知症の症状を持っていて生活に支障がある高齢者の方が、

専門スタッフの援助を受けながら1グループ(5~9人)で共同生活する施設の事を指しています。

家庭に近い環境で、入居者の能力に応じた掃除や洗濯などの役割を持っての生活になりますので、自立した生活を送ることを主な目的としています。

病院と異なるのは自立という側面、つまりは自分の力で生活する能力を大事にしている点に他ならず、

それは言い換えれば生活の質を向上させることにも繋がるのではないでしょうか。

生活全般を家族に支えてもらうのではなく、自分にできる部分は自分でやるというのは、利用者にとっては自尊心の観点からも重要な事ですよね。

2.グループホームで行うこと

グループホームで行うことは介護サービス、生活支援サービスを受けながらも自立した生活を送る点にありますが、

それだけではなくリハビリやレクリエーションなどを通しての機能訓練も行っています。

こうすることで認知症の進行を緩やかにすることもできますし、グループでの活動によって楽しみながら暮らすことができるメリットもありますね。

一般的な暮らしでは体の衰えもあってどうしても人との関わりが少なくなる現実があり、寂しさを感じる時間も増えてしまう上、一人でいる時間が多くなると頭を使う機会も少なくなってしまうので、認知症の抑制という点から見ても良いとは言えないでしょう。

3.グループホームの入居条件について

グループホームには入居条件がありますので、その辺りについても触れておきたいと思います。

まず、入居条件についてですが、「要支援2」、または「要介護1以上」であることと、グループホームがある場所と同じ市区町村にお住まいの方が対象となります。

施設所在地と同じ市区町村に住んでいる証明としてその地域の住民票も必要です。

また、入居の際に審査が設けられていて、この理由についてはグループホームが自立支援を目的として作られていることが背景にあるからに他なりません。

簡単に言うと、自立が不可能な状態である場合や重度の介護が必要な方、感染性の病気をお持ちの方などの共同生活において他の方に影響を与えてしまう恐れがある場合には審査を通過できないことがあります。

他にも審査基準が設けられていることもありますが、大きな要因としては上記のようなケースが挙げられます。

4.グループホームが9人である理由は?

グループホームが最大で9人となっていることについてはお話ししましたが、これは適当に決められているわけではなく、認知症の症状の一つとして新しい物事を覚えるのが困難であることが挙げられます。

これは言い換えれば複数の出来事に対しての対処能力が低下していることを意味していますので、人が増えすぎてしまうとそのことに対応しきれなくなってしまうのです。

こうなると自立支援どころではなくなってしまいますし、いくら共同生活が前提にあるとしても混乱を招いてしまっては元も子もありません。

少ない人数だからこそサービスが行き届くわけで、十分なケアができなければ意味もないでしょう。

例え少数の中であってもグループの中で生活することによるメリットは何も変わりませんし、安全性の観点からも意味のある人数設定となっているわけです。

5.グループホームの費用の種類について

これまでグループホームについてご紹介してきましたが、入居を検討する上では費用が気になるところですよね?

グループホームの料金については以下のようになっていて、「入居一時金」、「月額利用料」、「介護保険」、「その他の費用」となります。

順に説明していきますが、「入居一時金」とは入居時に支払うグループホームに入るための権利だと考えていただければ良いでしょう。

万が一、退去することになったとしても、この時に支払った入居一時金はその一部が返還される仕組みになっています。

この仕組みには特に制限は設けられていませんが、基本的に年月が長くなるにつれて受け取れる金額も少なくなっていきます。

「月額利用料」については家賃、施設の維持・管理費、食費、サービス費用などの全般的なものと解釈していただいて良いと思います。

「介護保険」は、グループホームのサービス費などだと、一割負担での利用が可能となっています。

しかし、介護保険は介護レベルによって一日の単位が定められていますので、事前に確認しておくことを推奨します。

最後に「その他の費用」に関してですが、グループホームで利用されるオムツなどの介護用品や医療費、光熱費などの個人利用の範囲に入るものに関しては原則として全額負担となりますので覚えておいてください。

グループホームについて知ろう

押さえておきたいのは、グループホームとは自立支援を目的とした施設であることと、入居条件が最低でも「要支援2」または「要介護1以上」であることです。

費用に関しては施設ごとの違いもありますが、相場としては15~30万円程と言われています。

確かな費用を知りたいなら、施設に問い合わせて確認するのが一番です。