デイケアとデイサービスとの違い。内容や料金などが違う

デイケアとデイサービスとの違い。内容や料金などが違う

高齢者向けの在宅サービスとして、通所サービスがあります。

それがデイサービスとデイケアです。

どちらも同じような名称ですし、どちらも事業所に行ってサービスを受けるというものです。

その違いは何なのでしょうか。

ここでは、デイケアとデイサービスのサービスの違いについてご紹介します。

1.サービス内容の違い

デイサービスとは「通所介護」のことで、おもに入浴やお食事の提供、レクリェーション、運動や体操を中心とした簡単な機能訓練等を行い、日常生活の支援を目的として介護士がメインで対応してくれます。

また、ご本人には楽しみや社会交流、閉じこもりの防止を、ご家族には介護負担の軽減を、という役割もあります。

ご利用される方の趣味に合わせた活動をしてくれるところもありますし、料金は異なりますが認知症を専門とするデイサービスもあります。

デイケアとは「通所リハビリテーション」のことで、医師の指示のもと、専門のスタッフがリハビリテーションを行います。

内容は、運動やマッサージ、電気刺激等で運動機能の維持向上をはかる理学療法、手芸や工作、絵画等の作業を通し、癒しや心身機能の維持向上をはかる作業療法、言葉でのコミュニケーションの向上(発声や発語の訓練)や飲み込みの障害を回復するための訓練を行う、言語聴覚療法等を行います。

もちろん、リハビリテーションだけではなく、デイサービス同様に食事や入浴にも対応してくれます。

日常生活において自分で出来ることはこれからも出来るように、あるいは出来ることを増やすようにすることが目的です。

2.利用施設の違いと利用対象者

デイサービスは、福祉施設(デイサービスセンター、老人ホーム、社会福祉法人等)です。

デイケアは、医師が常駐している医療施設(病院や介護老人保健施設等)になります。

どちらも要介護認定(要介護1~5)を受けられた方が対象となります。

サービスを併用することも可能です。

要支援認定(要支援1~2)を受けられた方は、介護予防のためのデイサービス(あるいはデイケア)が利用出来ますが、併用は出来ません。

また、介護度により1週間に利用出来る回数は異なります。

介護予防の場合も、サービス内容は前項の内容とあまり変わりありませんが、要介護状態になることを防ぐのが目的なので、個別での対応よりも集団での運動等がメインとなります。

3.利用時間と料金の違い

デイサービスは3時間以上から2時間刻み(例えば3時間以上5時間未満等)で9時間未満までの利用となります。

料金は基本料金がかかる他に、食事やおむつは自己負担となります。

その他、口腔の機能向上や栄養改善指導等で加算される場合もあります。

基本料金は介護度や利用時間、事業所の規模によって異なります。

デイケアは1時間以上から1~2時間刻み(例えば1時間以上2時間未満、6時間以上8時間未満等)で8時間未満までの利用となりますので、短時間での利用も可能です。

料金はデイサービス同様。

それにリハビリテーション料金が加算されます。

食事や入浴を希望しない場合は、あらかじめ対応をしてもらえるのかどうか、事業所に確認してください。

その他、どちらのサービスにおいても、利用時間は事業所によって対応出来る時間が異なることがあります。

朝夕の延長利用も実施している事業所もありますので、必要に応じて相談してください。

また、季節のイベントや選択サービス等で別途料金がかかる場合もあります。

4.事業所の規模

前項にありますように、どちらも規模により基本料金は異なります。

規模の大きい事業所の方が、基本料金は安くなります。

その種類は、デイサービスは小規模、通常規模、大規模Ⅰ、大規模Ⅱ。

デイケアは通常規模、大規模Ⅰ、大規模Ⅱ。

これらは、前年度に月平均何人利用したのかで決められます。

規模による料金の差額は、小規模と通常規模で100円前後、通常規模と大規模で30円前後です。

デイケアとデイサービスの違いを知っておこう

ふたつのサービスを簡単に分けるとしたら、生活に楽しみを増やすのがデイサービス、生活していく上で必要な機能を維持向上させるのがデイケアと言えるのではないでしょうか。

サービスを受けられる方の中には「集団が苦手」な方や「年寄りのサービスなんて」とマイナスに感じる方もいらっしゃると思います。

ご利用にあたり、実際に事業所を見学、体験されてみると、よりサービスの内容や規模が分かりやすいと思います。

見学されるときは、職員の態度や身だしなみ、事業所の清潔感、実際にご利用されている方の表情にも注目してみてください。

どちらのサービスが自分に(あるいは家族に)合っているのか、必要なサービスは何なのか、何を目的として利用したいのか、担当ケアマネジャーと相談するようにしましょう。