断酒することのメリットや効果。酒を断ち健康生活を送ろう

断酒することのメリットや効果。酒を断ち健康生活を送ろう

お酒はストレス解消にもなりますし、飲むことで開放感を味わうこともできるので、断酒するとなるとくじけそうになる人も多いでしょう。

特にお酒でストレス解消してきたような人は、飲めないことがストレスにもなります。

ですが断酒することは健康維持にもなりますし、美肌維持にもなるので、美容や健康に気を使う人には効果的です。

そこで、断酒することのメリットや効果をご紹介します。

1.断酒することで脳梗塞などの病気になるリスクを防ぐことができる

高齢になってくると、今まで大丈夫だった病気も発症する可能性が出てきます。

特に食事や飲み物の成分には気を付けなければならず、塩分の取り過ぎやコレステロールの摂取し過ぎで糖尿病予備軍にもなってしまいます。

生活習慣病の予備軍になってしまうような人は多く、高齢になればなるほど発症するリスクも高くなります。

また、塩分の取り過ぎで高血圧になってしまう人も多いですが、高血圧は飲酒が原因になっていることもあります。

高血圧状態が長く続くことで脳梗塞などの脳の病気のリスクが高まりますから、断酒することで脳の病気になるリスクを減らすことができるというメリットがあります。

ワインに含まれているポリフェノールの成分は中性脂肪を減らすのに良いとされていますが、断酒するのであれば別の食べ物からポリフェノールを摂取しましょう。

2.断酒することで良く眠れるようになる

寒い日は布団に入ってもすぐに眠ることができないため、お酒を飲んで体を温めてから布団に入るという人も多いでしょう。

ですがお酒を飲んで眠ることは睡眠には良くありません。

お酒で酔ったほうが良く眠れるという人もいますが、お酒による眠りは浅い眠りが続くだけで、脳までしっかりと休めるようなことはありません。

深い眠りに繋がらないことから、睡眠時間は長くてもボーっとしてしまい、良い睡眠だと言えないことがほとんどです。

そのため、お酒を飲む習慣がある人は、ない人に比べて睡眠不足になることが多いです。

断酒することで快適に眠れることが多くなるので、睡眠不足解消できるというメリットもあります。

3.頭痛を感じることが少なくなる

お酒を飲む習慣がある人は頭痛を感じることも多いものです。

お酒に強く、翌日も激しい二日酔いは感じないという人でも、断酒することによって頭がスッキリすることが多くなります。

飲まなかった日の翌日は朝食もしっかり食べることができますから、疲労による頭痛も感じにくくなります。

脳に負担がかからないことから、イライラやストレスを感じることも少なくなり、頭の回転も良くなるでしょう。

偏頭痛などは原因不明であることも多いですが、お酒が痛みの原因になっている可能性もあるので、頭痛をよく感じる人は、断酒で頭痛を感じない環境作りをしてみても良いでしょう。

4.断酒することで肌が強くなる

禁酒することで血液をドロドロ状態からサラサラ状態にすることができるので、体の調子だけでなく肌の調子も良くなります。

キレイな血が流れることで肌細胞が活性化するので、丈夫で強い肌を作ることができます。

丈夫な肌は表面が美しいだけでなく、乾燥にも強くなるのでカサカサ肌で悩むことが少なくなります。

また、丈夫な肌を作ることで花粉やホコリなどのアレルギーにも強くなれます。

最近では、年をとってから花粉症になった、という人も増えてきています。

それは歳を重ねることによって肌の免疫力が低下してきているからで、これらの症状に打ち勝つには肌を丈夫にして免疫力を高めることも必要です。

4.断酒で貯金額を増やすことができる

断酒は体の健康に良いことはもちろんですが、家計もスマートにできるという点でメリットを感じることができます。

お酒を飲む人というのは喉が渇いているから飲むのではなく、飲みたいから飲む、ということがほとんどです。

ですから飲む時はビールでも1本では済まないことも多く、それが頻繁に続けば家計にも影響してきます。

断酒すれば、お酒にかかる費用を0にすることができるので、節約に繋がります。

また、お酒だけでなくおつまみなども購入しなくて済むので食費の節約にもなります。

断酒は健康だけでなく家計にもメリットがあると言って良いでしょう。

断酒のメリットを実感しよう

お酒を飲むのを楽しみにしている人であれば、断酒は趣味や娯楽を取り上げられてしまうくらい辛いものになります。

ですがお酒を飲むことで健康被害が生じたり、精神的に落ち着かなかったりすることもあるので、体調不良を感じないようにするためにも、断酒の選択は良い選択とも言えるでしょう。

また、飲酒でストレス解消していた人は、健康のためにもお酒以外の楽しめることを見つけて行きましょう。