65歳で貯金がない時に、お金を稼いで貯金をする方法3つ

65歳で貯金がない時に、お金を稼いで貯金をする方法3つ

65歳という年齢になると、特にお金が掛かるのは病院に掛かる為の医療費です。

特に早期の退職をした人に限っては、65歳時点で貯金を持たない人も多いはずです。

65歳になって、老後を豊かにする為に様々な方法で貯金をする方法をご紹介します。

田んぼと家

1.子供や孫から生活費を援助してもらう

子供や孫がいる場合に、子供や孫の生活に余裕があるかどうかを尋ねましょう。

ある程度の貯金を確保するために、1人暮らしをしている子供や孫に生活の余裕があった場合は、余裕がある分だけ援助をお願いする事が1つの方法です。

子供や孫も生活が掛かっていて、無理に多くのお金を援助してもらう事は避けた方が良いです。あくまでも子供や孫と生活の優先しながら、援助できるお金に関して話し合います。

援助できる分だけお金を貰って、もらえる年金を生活などに有効的に使いながら、余ったお金を貯金していきましょう。

2.手に職をつける

65歳の時点で、趣味を持っていれば自分の趣味をお金に生かす事を考えましょう。

例えば、絵手紙を書く特技を持っていた場合に、絵手紙の先生となって多くの人に教える事で、講座の収入としてお金を得ることができます。

講座の回数を多くして、収入を多くする事で貯金ができます。自分の特技としているものがあったら、そのままにしておく事はもったいありません。

特技を他の人に伝授する事で収入の源を見つけることが大事です。

あくまでも特技に関しては、他の人に教える事ができるレベルになっている事が条件ですが、特技を生かして教室を開いて収入を得ている高齢の方もいらっしゃいます。

3.若い時のツテなどで仕事を紹介してもらう

同年代の知り合いや友人に仕事をしている人がいたら、健康である時に仕事を紹介して、収入を得てから生活を工夫する事で貯金をする事が可能です。

働いている同年代の知り合いなどがいなかったら、ハローワークなどの職業安定所を利用して、仕事を見つけて貯金をする方法もあります。

しかし、65歳という年齢では求人の総数が少なくてなかなか仕事にありつけない事が多いのが現状です。

最近ではシルバー人材センターなどの名称で、高齢者向けの求人を出している職業安定所もあります。

従って、できれば65歳以上の高齢者向けのシルバー人材センターに登録して、仕事を紹介してもらった方が早めに仕事を見つけやすくなります。収入につながりやすく、多くの貯金ができやすくなります。

4.農業を始めてみる

最近は、農業の部門で後継者不足に悩んでいて、農家が農業をする人を募集している場合が多いです。

特に農家の周辺に住んでいる高齢者にとっては、農業を始めるために知り合いの農家などに頼み込んで、農業の従事を依頼して収入を得て、貯金する方法があります。

また、最近では職業安定所などで、農業をしたいと思っている人の育成のために、年齢にかかわらず職業訓練を行っています。

従って、貯金の目的で米などを作るために積極的に農業を学んで、仕事を紹介してもらう事も貯金を得る方法の1つです。

仕事に慣れたら、農家の人が継承の為に田んぼを譲ってくれる場合があって、結果的に収入を得る事になって、貯金をする事ができるようになります。

65歳の人が貯金をするためには、お金につながるように積極的に動いたり、求職活動を行う事がもっともオーソドックスな方法です。
立ち止まらないで、趣味を見つけて手に職につながる行動をして、趣味をお金につながるように努力する事です。