60代女性に似合う口紅の色と種類とは

60代女性に似合う口紅の色と種類とは

いくつになっても女性はキレイで美しく輝いていたいものです。

しかし、お化粧をするときに年齢に、伴っていない物を選んでしまうと若作りして見えたり、もっと老けて見えてしまう事も有ります。特に口紅はお化粧をするのに大切なアイテムです。

素敵な髪型にオシャレな洋服で着飾っても口紅がマッチしていなければ、とても残念な印象を与えてしまいます。

60代の人がどのようなものを選べば美しく似合って見えるのかご紹介します。

口紅をつける女性

1.艶があり、保湿効果の有るもの

今は、マット系の口紅も流行って居ますが、年齢を重ねるごとに唇もシワが深くなり、かさかさしがちになります。

60代で口紅を選ぶときの基本となるのは、艶やかに見えて保湿効果の有るものを重視します。艶やかに見えることで、立体感が出るためふっくら見せることが出来ます。60代になると唇の色も少し暗くなってきているので艶のある唇を演出することで、明るい印象にもなります。

よく、グロスを塗る方も居ますがグロスでテカテカにしてしまいますと、頑張って若作りしているように思われてしまいます。

ですから、口紅一本で艶やかに見える物を選びましょう。

2.ローズ系の口紅を選ぶ

60代の大人の女性の雰囲気を出すには真っ赤で派手な口紅ではなく、少し落ち着いたローズ系の物を選ぶと良いでしょう。

ローズの色が映えることでパッと明るいお顔になりますし、とても美しく見られます。塗るときの注意点として口紅を塗る前にリップクリームを塗って保湿してください。がさがさなまま口紅を塗るととても目立ってしまいますので気を付けて下さい。

そして、塗るときは唇からはみ出さないように控えめに塗ることです。
よく、唇から少しはみ出してぷっくりとした唇に見せる方も居ますが、60代の方の場合は濃いアイメイクやつけまつげなどの派手な化粧をするわけではないので、ローズ系の口紅を控えめに塗るだけでも充分目立ちます。

濃くなりすぎたな、唇だけ浮いてしまってると思った時は、ティッシュを唇で挟みパクパクとして、口紅を取ってください。

3.オレンジ系の口紅を選ぶ

ローズ系の物はちょっと勇気が無いというときにオススメなのは、オレンジ系の口紅です。オレンジ系は、血色が良く自然に生き生きとしたイメージを持たれるため、元気な60代の女性に見られます。

よく、赤系の物は勇気が無いからピンク系を使っているという方も居ますが、60代の方ならばオレンジ系の口紅が断然良いでしょう。

オレンジ系の場合は、目立ちすぎる事もなく自然に馴染む為、穏やかな60代の女性を演出することが出来ます。

60代はメイク次第で若くも老けても見える

60代の女性のメイクというのは、若く美しくも変身出来ますし、逆に老けて見られてしまう事も有ります。ベースメイクや、アイメイクは変えられるのに、口紅はなかなか変えられないという人も少なくありません。

しかし、新しい自分を発見するつもりでいつもと違う口紅を付けてみてはいかがでしょうか。きっと今まで以上に輝けるはずです。