60代女性が似合うアイメイク術。ナチュラルな色を選ぶことがポイント

60代女性が似合うアイメイク術。ナチュラルな色を選ぶことがポイント

女性はいくつになっても、若くみられたいものです。ですが、年々歳を重ねるたびに鏡を見て溜息がでてしまうという女性もいるのではいでしょうか。

そんな溜息をなくすため、60代女性が若くみえるためのアイメイク術についてご紹介します。

60代女性のアイメイク

1.ブラウン系のアイライナーを使う

一般的に使われるアイライナーの色は黒ですが、最近はブラウン系のアイライナーの種類も豊富です。

ブラウン系のアイライナーはアイライナー自身の色と肌の色との馴染がよく、自然なラインを引く事ができます。

なので、ブラウン系アイライナーは女性を若々しく見せてくれるのです。

まつげの生え際を埋めるようにアイライナーを引き、その後綿棒などで少し太めにぼかしましょう。

そうすることで目元がパッチリとして若々しくみえるのです。真っ黒のアイライナーだとどうしてもラインが浮いたような印象になってしまいます。

そうなってしまうと、せっかくのアイメイクも老けた印象を与えてしまうのです。

そのため60代の女性には肌馴染が良いブラウン系のアイライナーをオススメします。普段のアイライナーをブラウン系に変えるだけでもグンと若々しさがアップします。

2.リキッドよりもペンシルかジェルを

今、アイライナーの種類も沢山ありますよね。

リキッドやジェルやペンシル様々です。この中から選ぶならやはりペンシルかジェルを選ぶのが良いでしょう。リキッドのアイライナーはシャープな目元を作り出すことができますが、それが逆に老けてみえてしまう恐れがあります。

ペンシルライナーやジェルライナーを使う場合はぼかすことができるので、自然なラインを引くことができるため若々しい目元を演出することができるのです。そして目尻のラインを少し上げ目に引くとリフトアップ効果があります。

これもまた60代の女性にオススメしたいアイメイク術です。

3.アイシャドウは華やかに

アイシャドウ選びはアイライナー選びよりも重要だといえます。色を変えるだけでも印象がガラリとかわります。

ラメが控えめのゴールドやパールベージュ、ブラウンといったような色の展開のアイシャドウパレットを選びましょう。

パールベージュを瞼全体に入れてから目頭と目尻に少し広めにゴールドを入れます。そして最後にブラウンのシャドウをまつ毛の際のアイラインに重ねるように入れていきます。最後は指で優しく馴染ませると、綺麗なグラデーションに仕上げることができます。

そうすることで、若々しく、魅力的なアイメイクに仕上がります。ゴールドやパールベージュは特に若々しさを与えてくれる色ですので、60代女性にぜひオススメしたいアイシャドウのカラーです。

ナチュラルな色を選ぶことが60代女性のアイメイクのポイント

60代の女性が若くみえるためのアイメイク術のお話でした。

若々しさを引き出すメイクのポイントはナチュラルな色を選ぶことです。決して濃すぎず、適度な色加減で仕上げて行きましょう。自然さは何よりも若々しさを引き出すことができます。