50代以降が恋愛する際に押さえておきたいポイント

50代以降が恋愛する際に押さえておきたいポイント

50を越えて若い頃のような無謀なときめきは無くなったとしても、又違ったときめきを感じるようになるのではないでしょうか?

人間は生きている限りときめく、つまり恋愛できるはずです。

それでは、50代を越えた人が恋愛する時のポイントには、どんな事があるでしょうか?

1.結婚願望があるかどうかを確認する

20代の若い男女においても、お互いが結婚できる年齢を超えている場合には、恋愛においてこの事を確認しておく事は非常に重要でしょう。

恋愛の先には結婚があるのが一般的ですが、世の中には全く結婚願望の無い人というのもいます。

まして50代まで独身できた人というのは、自分のスタイルが若い人に比べてかなり確立されてしまっています。

結婚というのはお互いの歩み寄りが無いとなかなか難しいものです。

確立されたスタイルを崩さないといけない、という事になります。

「それは耐えられないから籍は入れずに交際関係のままでいたい」と考える人がいてもおかしくありません。

もし自分が強く結婚願望があるなら、このように全く結婚願望の無い人と付き合い続けていても先が無いという事になります。

ですから、ある程度の段階で結婚の意志があるかどうかは確認しておくべきでしょう。

一方で、自分に全く結婚願望が無い場合も、ある程度の段階で相手にその意思を伝えるのが礼儀となります。

もし相手が強く結婚を望んでいるような人であれば、その人の人生を狂わす事になってしまうからです。

2.経済的価値観の相違を確認する

これも若い男女においても当てはまる事ですが、年齢が上がれば上がるほど確認しておく必要があるでしょう。

何故なら若い男女には必然的に時間があるからです。

例えば、男性の方がまだ夢を追いかけていて、女性の方が経済的に支えているようなカップルでも、ある程度の年齢まで来ても男性に目が出なければ、その男性は軌道修正する事が出来ます。

若い内は「賃貸の方が気楽で良い」と思っていても、結婚し子供が出来たら持ち家を持つ気持ちになったりする場合も考えられるでしょう。

このように未来があるのです。

未来があるという事は、いくらでも変化していける可能性が残されているという事です。

ですが、50代を過ぎると、未来はあるものの、若者ほどの未来は残されていないのが現状です。

今の生活レベル、生活スタイルが続いていくのが妥当なところとなります。

ですから、お互いにどれぐらいの生活レベルを基準としているのか、それに見合った年収はいくらと考えているのかなどを、包み隠さず話し合っておく事は大切になってくるでしょう。

若い内は相手への気持ちだけで「好き」と思えますが、年齢を重ねるに連れて経済力などの条件込みで「好き」と感じるようになるのが、現状だという事を忘れてはいけません。

3.それまでの恋愛経験、結婚経験を確認する

50代の人がそれ以前に恋愛経験があっても全くおかしい事ではないのですが、その恋愛経験が引きずるような恋愛経験だったとしたら少し問題になるかもしれません。

なかなか忘れられない人がいるぐらいならまだしも、以前付き合っていた人がDVだったとかストーカーだったとかで今もその人の影がちらついているようなら、自分にも被害が及ぶかもしれません。

それにそのような被害を受けてきた人なら、精神的ダメージを受けている可能性だってあります。

そのような場合には、それを受け止められる覚悟があるかどうかを自問自答する必要があるでしょう。

これほど深刻な事でなくても、人は長く生きれば生きるほど背負う物は多くなります。

ですから、若い男女以上に、相手の背負っている物まで受け止められるかどうかは考える必要があるでしょう。

そして過去の恋愛経験だけでなく、結婚経験がある人だっていてもおかしくはない年齢です。

キレイな形できちんと離婚できていたら良いのですが、まだ揉めている場合もあるかもしれません。

離婚という形には至っていても、子供との関係がどうなっているのか、慰謝料は毎月どれぐらい払っているのかなども、聞きにくい事ですが、確認しておく事は大切でしょう。

もし自分の方が離婚経験があるなら、慰謝料の事や親権の事やその他諸々包み隠さず相手に話すのが礼儀です。

50代以降が恋愛する時のポイントを知っておこう

近年、高齢化が進み、結婚相談所やブライダル事業がなかなか伸びない中、中高年をターゲットにしたサービスが伸びてきています。

中高年を迎えてから離婚した、死別したなどの理由で一人身になった人が、やはり寂しさを感じてパートナーを捜すという流れが出て来ているようです。

しかし、50代以降の恋愛には、50代以降の恋愛ならではの心配事があります。

お互いに確認し合えるような関係になっておきましょう。